東北メディカル・メガバンク機構

予防医学・疫学部門

  • ToMMoとは?
  • 組織・メンバー
  • 予防医学・疫学部門
  • 予防医学・疫学部門は、地域の保健支援をきめ細かく行いながら、三世代コホート、地域住民コホート、地域子ども長期健康調査を確立して遺伝子解析等による最先端医療の実現に寄与します。東日本大震災の被災地には、種々のストレスによる感染症の増加、慢性疾患の悪化やPTSR(心的外傷後ストレス反応)の発症等の懸念があります。また、妊婦や子ども、高齢者など、災害弱者に焦点を当てた調査の必要性もあります。このような背景から、予防医学・疫学部門は、地域の保健機能を支援・拡充すると共に、住民の健康を長期に追跡して疾病の予防、病気の早期発見・早期治療につなげていきます。調査によって得られたデータを集積し、分析することで、最高水準の医療の迅速な提供に資していきたいと考えています。

    教授 辻 一郎 寳澤 篤 栗山 進一 富田 博秋
    准教授 小原 拓 菊谷 昌浩 中谷 直樹  
    助教 石黒 真美 佐藤 ゆき 土屋 菜歩 永井 雅人
    中村 智洋 成田 暁    
    助手 小暮 真奈 宮下 真子 山中 千鶴  

    辻 一郎 教授 部門長

    公衆衛生学分野教授。 地域支援センター調整室長。東北大学大学院医学系研究科副研究科長。医学系研究科教授(公衆衛生学分野)医学系研究科地域保健支援センター長。 東北大学医学部卒業。医学博士。1993年東北大学医学部講師、1996年同助教授を経て、2002年から医学系研究科教授。

    論文(Mendeley)

    主な受賞

    2001年度 東北大学医学部奨学賞金賞、日本医師会医学研究助成費 (2008)

    一言

    「震災後、地域保健支援センターを立ち上げて、被災者の方々に対する健康支援と被災地の保健衛生システムの復興に向けた活動を展開してきました。被災地支援と医学研究を表裏一体のものとして、進めていきたいと思います」

    先頭に戻る

    寳澤 篤 教授 副部門長

    個別化予防・疫学分野教授。災害交通医療情報学寄附研究部門教授。地域住民コホート室長。地域支援多賀城センター長。 医学系研究科教授(個別化予防・疫学分野)。東北大学医学部卒。医学博士。 ミネソタ大学疫学・地域健康部門客員研究員、滋賀医科大学保健医学部門(現公衆衛生学)特任助教、東北大学大学院医学系研究科助教、山形大学大学院医学系研究科講師を経て2012年東北メディカル・メガバンク機構発足に際して着任。 専門は、循環器疾患の疫学・予防医学。

    論文(Mendeley)

    先頭に戻る

    栗山 進一 教授

    分子疫学分野教授。災害交通医療情報学寄附研究部門教授。コホート事業部 副事業部長。三世代コホート室長。地域支援大崎センター長。災害科学国際研究所 教授(災害公衆衛生学分野)環境遺伝医学総合研究センター分子疫学分野教授。医学系研究科教授(災害公衆衛生学分野)。大阪市立大学医学部医学科卒業。大阪市立大学医学部付属病院第3内科、民間企業産業医、東北大学大学院医学系研究科公衆衛生学分野助手、講師、助教授を経て2010年から医学系研究科教授(分子疫学分野、現在も兼務)。2012年から災害科学国際研究所教授。

    論文(Mendeley)

    主な受賞

    2007年度 東北大学医学部奨学賞金賞

    一言

    「震災は子どもたちの心身の健康に大きな影響を与えているのではないかと懸念されています。“教訓”は残さなければなりませんが、病気の増加などの“禍根”は残さないよう、みなさまとともに最善の努力を重ねていきたいと思っています」

    三世代コホート調査

    先頭に戻る

    富田 博秋 教授

    災害精神医学分野教授。メンタルヘルスケア推進室長。災害科学国際研究所教授(災害精神医学分野)医学系研究科教授(災害精神医学分野)。1989年岡山大学医学部卒業、同大学精神神経医学教室入局。 1995年同大学大学院医学研究科修了。 1996年より長崎大学医学部人類遺伝学教室。 2000年よりカリフォルニア大学アーバイン校精神医学講座/生理学講座研究員。 2002年より同大学助教授相当研究員。 2006年より東北大学大学院医学系研究科精神・神経生物学分野准教授。 2011年3月より被災地の精神保健支援活動。 2012年4月より東北大学災害科学国際研究所災害精神医学分野教授。 東北大学大学院医学系研究科、東北大学病院、東北メディカル・メガバンク機構を兼務。

    論文(Mendeley)

    先頭に戻る

    小原 拓 准教授

    分子疫学分野准教授。東北大学病院薬剤部 准教授。環境遺伝医学総合研究センター分子疫学分野 准教授。2003年東北薬科大学薬学部卒業。東北大学大学院薬学研究科博士課程修了(医療薬学博士 / 2008年)。東北大学 東北メディカル・メガバンク機構 予防医学・疫学部門 助教(2012年)、講師(2013年)を経て、2015年より東北大学病院薬剤部准教授。専門は薬剤疫学。

    論文(Mendeley)

    主な受賞

    2015年4月 宮城県病院薬剤師会学術奨励賞

    先頭に戻る

    菊谷 昌浩 准教授

    分子疫学分野准教授。 地域支援岩沼センター 長。三世代コホート室 副室長。環境遺伝医学総合研究センター分子疫学分野 准教授。1995年弘前大学医学部卒業。医学博士。東北大学薬学研究科助手、リューベン大学研究員、東北大学薬学研究科助教、同講師を経て、2012年東北メディカル・メガバンク機構発足に際して着任。専門は、子どもの発育評価、循環器疾患の疫学・予防医学。

    論文(Mendeley)

    先頭に戻る

    中谷 直樹 准教授

    個別化予防・疫学分野准教授。 地域住民コホート室 副室長。地域支援多賀城センター副センター長。医学系研究科准教授(個別化予防・疫学分野)
    1996年麻布大学環境保健学部卒業。東北大学大学院医学系研究科修了。博士(障害科学)。東北大学研究支援員、国立がんセンター研究所支所リサーチ・レジデント、東北大学助教、日本学術振興会海外特別研究員(デンマーク対がん協会 外来研究員)、鎌倉女子大学専任講師を経て、2012年東北大学東北メディカル・メガバンク機構 講師着任、2015年5月より現職。専門は、公衆衛生学、疫学、サイコオンコロジー、行動医学、応用健康科学。

    論文(Mendeley)

    主な受賞

    平成25年 日本疫学会奨励賞

    先頭に戻る

    石黒 真美 助教

    分子疫学分野助教。地域支援大崎センター副センター長。環境遺伝医学総合研究センター分子疫学分野 助教。秋田大学医学部卒業(2007年)、東北大学大学院医学系研究科医科学専攻博士課程修了(医学博士)。東北大学大学院医学系研究科環境遺伝医学総合研究センター 技術補佐員、東北大学 東北メディカル・メガバンク機構 予防医学・疫学部門 助手(2012年)を経て、2013年4月から現職。専門は、分子疫学、母子保健。

    論文(Mendeley)

    先頭に戻る

    佐藤 ゆき 助教

    分子疫学分野助教。医学系研究科助教。東北大学大学院医学系研究科修了(医学博士)。国立成育医療研究センター研究員、国立環境研究所研究員を経て、2014年4月から現職。専門は、疫学、栄養疫学。

    論文(Mendeley)

    先頭に戻る

    土屋 菜歩 助教

    個別化予防・疫学分野 助教。地域支援多賀城センター 副センター長。医学系研究科助教(個別化予防・疫学分野)
    旭川医科大学医学部医学科卒業(2002年)、山形大学公衆衛生学講座助手、長﨑大学医員、長崎大学大学院修了(医学博士)、ロンドン大学衛生熱帯医学校修了(疫学修士)、長崎大学熱帯医学研究所内科医員、長崎大学COE特別研究員を経て、2013年10月から現職。専門は、疫学、感染症疫学、公衆衛生学。

    論文(Mendeley)

    先頭に戻る

    永井 雅人 助教

    災害交通医療情報学寄附研究部門 助教。
    岩手大学教育学部生涯教育課程スポーツ教育コース卒業(2006年)、宇都宮大学大学院教育学研究科教科教育専攻保健体育専修修了(修士(教育学))、東北大学大学院医学系研究科医科学専攻医学履修課程修了(博士(医学))、東北大学大学院医学系研究科公衆衛生学分野日本学術振興会特別研究員、公益財団法人循環器病研究振興財団リサーチ・レジデント(滋賀医科大学社会医学講座公衆衛生学部門客員助教)、滋賀医科大学社会医学講座公衆衛生学部門特任助教、福島県立医科大学ふくしま国際医療科学センター放射線医学県民健康管理センター健康調査支援部門疫学室助教(医学部疫学講座兼務)を経て、2016年10月から現職。専門は、疫学。

    主な受賞

    第7回 Hypertension Research Award 優秀賞(2016年)

    先頭に戻る

    中村 智洋 助教

    個別化予防・疫学分野 助教。医学系研究科助教(個別化予防・疫学分野)
    東海大学理学部卒業(2000年)、同大学院修了(理学博士)。情報・システム研究機構新領域融合研究センター特任研究員、山形大学医学部先端分子疫学研究所助教を経て、2013年4月から現職。専門は、統計、疫学統計。

    論文(Mendeley)

    先頭に戻る

    成田 暁 助教

    個別化予防・疫学分野 助教。医学系研究科助教(個別化予防・疫学分野)
    京都大学農学部卒業(1999年)、同大学院修了(農学博士)。東京大学医科学研究所JST研究員、東海大学医学部JST研究員・特任助教、株式会社スタージェン勤務を経て、2015年5月から現職。専門は、遺伝疫学、量的遺伝学、生物統計学。

    論文(Mendeley)

    先頭に戻る

    小暮 真奈 助手

    災害交通医療情報学寄附研究部門助手。
    鎌倉女子大学家政学部管理栄養学科卒業(2008年)、独立行政法人国立成育医療研究センター非常勤栄養士、鎌倉女子大学家政学部管理栄養学科 助手、東北大学大学院医学系研究科修士課程修了(医科学修士)、同大学院博士課程(在学中)を経て、2016年7月から現職。専門は、疫学、栄養疫学。

    論文(Mendeley)

    先頭に戻る

    宮下 真子 助手

    分子疫学分野助手。
    聖路加看護大学(現、聖路加国際大学)卒業。看護学修士。2013年東北大学東北メディカル・メガバンク機構研究支援者、2015年から現職。専門は、公衆衛生看護、在宅看護。

    論文(Mendeley)

    先頭に戻る

    山中 千鶴 助手

    分子疫学分野助手。
    宮城教育大学卒業(2000年)、東北大学大学院教育学研究科博士課程前期修了(教育学修士)。横浜市・神奈川県のスクールカウンセラー等を経て、2015年から現職。専門は、臨床心理学。

    論文(Mendeley)

    先頭に戻る

    東北メディカル・メガバンク機構

    お知らせ
    2017.01.20| 2KJPNを使用した論文が発表されています 2017.01.20| 第81回インシリコ・メガバンク研究会開催のお知らせ(2月2日) 2017.01.19| 遺伝的体質に基づく 新しい「脳梗塞発症リスク予測法」を開発 ~脳梗塞の予防に貢献可能~【プレスリリース】 2017.01.18| 本日(1/18)結成が発表された「アンチ・ドーピング研究推進のためのコンソーシアム」にToMMoは大きく貢献します 2017.01.18| 河北新報「医進伝心」に八重樫伸生機構長特別補佐のエッセーが掲載

    Copyright(C) Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.