東北メディカル・メガバンク機構

ご挨拶

  • ToMMoとは?
  • ご挨拶
  • 東日本大震災から七周年を迎えて

    東日本大震災から7年という節目を迎えました。多くの犠牲になられた方々およびそのご家族の方々に、改めてお悔やみを申し上げます。また、今もなお多くの方々が不自由な生活を送られていることなど、震災以降、引き続き困難な状況に置かれている方々に心からのお見舞いを申し上げます。

    東北メディカル・メガバンク計画は、東日本大震災からの復興を目指して歩みを進め、これまでに多くの知見を得てきていますが、その中には、震災時の住居への被害は年月が過ぎた後の健康状態に影響を及ぼしていることを示すものがあります。家屋被害が大きかった方々ほど、日々の運動が減るなどしてメタボリック症候群の割合が高くなっていること、高血圧薬の服薬中断をしている割合が高くなっていることなども明らかになっています。私たちは、これらは二次被害とも言える事態であると受け止めています。東北メディカル・メガバンク機構は、被災地の健康復興を掲げた当初の目的に常に立ち返り、私たちの調査で得られた結果を多くの自治体や医療機関などと共有し対策に努めてまいります。

    東北メディカル・メガバンク計画では、昨年6月から、コホート調査に参加いただいた方々にもう一度詳細な検査を受けていただく詳細二次調査を開始しました。「大震災の被害を乗り越えてより健康な宮城・岩手を作るんだ」、という決意を胸に、今後も地域の皆さまと共に歩んで参りたいと存じます。

    2018年3月11日
    東北大学 東北メディカル・メガバンク機構長
    山本 雅之

    東北メディカル・メガバンク機構

    お知らせ
    2018.12.10| 「東京医科歯科大学 人材育成プログラム」の研修生がToMMoに来訪 2018.12.10| 災害交通医療情報学寄付部門 第二期報告会が開催されました 2018.12.06| スマイリー・マミー・プログラムが MCPC award 2018 奨励賞を受賞 2018.12.05| 先端研究基盤共用促進事業 質量分析メタボローム解析ソフトウェア講習会を開催しました 2018.12.05| 詳細調査で明らかになる震災被害の長期的な影響‐家屋被害の大きかった人で、心理的苦痛、平均歩数、骨密度への影響が継続‐【プレスリリース】

    Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.