地域の健康を支援する

被災地の健康管理に貢献する

東北メディカル・メガバンク計画は、東日本大震災の甚大な被害を受けて国による復興計画の一環として計画されました。当計画では、震災による中長期にわたる地域住民の方々の健康状態の影響を調査し、また調査を通じて地域住民の方々の健康向上に資することを目指しています。また、震災で傷ついた地域医療体制に貢献できるよう、宮城県内被災地を起点とした医療機関に対する循環型医師支援制度を創設、継続した支援を行っています。

地域支援センターでのコホート調査の様子

15万人に震災後の健康調査を実施

東北メディカル・メガバンク計画は2013年より、宮城県と岩手県で地域住民コホート調査(8万人)と三世代コホート調査(7万人)を実施しています。なお、健康調査に参加されている方々向けの情報は こちら にまとめています。

コホート調査の概要
  地域住民コホート調査 三世代コホート調査
対象地域 宮城県、岩手県 主に宮城県
参加者数 84,073人 73,529人
調査参加募集期間 2013年5月~2016年3月 2013年7月~2017年3月
参加者 対象地域に住民票がある20歳以上の方 対象地域に住民票がある妊婦さん、その生まれたお子さんを中心に、お子さんのお父さん、おばあさん・おじいさん、お子さんのご兄弟、その他のご親族
参加形態 ・対象地域自治体での特定健康診査会場等での参加
・地域支援センター(宮城県)、サテライト(岩手県)へのご来所
・対象地域内の産科施設での参加
・地域支援センターへのご来所(親族の方)
調査内容 生活習慣、食習慣、メンタルヘルス等についての質問票、血液検査、尿検査、各種検査 生活習慣、食習慣、メンタルヘルス等についての質問票、血液検査、尿検査、各種検査

「コホート調査」とは、多くの人々の生活習慣情報を継続的に集め、生活習慣と環境がどのように病気と関連するかを調べる方法です。参加者の方々には採血・採尿・各種詳細検査および調査票の記入に協力いただき、健康状態を調べています。

特定健康診査会場で行ったコホート調査の様子

地域住民コホート調査では、被災地で今後増加することが懸念され、国民全体への影響が大きく発生頻度の高い、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、うつ病等の精神疾患、脳血管性障害、高血圧性疾患、虚血性心疾患を重点疾患としています。また、近年増加傾向が著しい、喫煙習慣を背景に中高年に発症する慢性閉塞性肺疾患(COPD)についても重点疾患としています。

三世代コホート調査では、震災の影響により増加が懸念されるPTSD や抑うつ、震災の影響により悪化が懸念され、遺伝的素因の関与が示唆されているアトピー性皮膚炎、注意欠陥多動症(ADHD)、気管支喘息、自閉スペクトラム症等を重点疾患としています。さらに、先行する出生コホート等での知見から近年重要性が指摘されるようになった妊娠高血圧症候群、低出生体重等の疾患も重点疾患としています。

MRI検査・認知心理検査(脳と心の健康調査)の実施

コホート調査の参加者を対象にMRI検査と認知心理検査を組み合わせた調査を行っており、宮城県で2019年現在、総計約1.2万人の方に参加していただいています。生涯健康な脳と認知力を保つために、体質(遺伝要因)、生活習慣がどのように脳や認知機能、こころの状態に影響するのかを明らかにすることを目的としています。
最新の脳科学研究に基づいた脳の形態解析により、脳の萎縮の程度や梗塞や腫瘍などの異常所見がないか医師が画像を確認し、希望者に結果をお返ししています。2019年秋以降、本調査で撮像を行った方々を対象に、数年の時間経過後の二度目の撮像を始めています。これらの調査を通じて、大規模な脳画像データベースを構築し、うつ病・PTSD・認知症等の多くの脳が関連する病気に対して、早期診断や発症予防の発展を目指しています。

MRI検査の様子

追跡調査の実施

長期的な健康状態の推移を把握するために、参加者の方々には、約一年ごとの郵送等による調査及び、3-5年に一度地域支援センターへ来所し行う詳細二次調査を2017年6月から実施しています。これらにより、時間の経過とともに変化する健康状態を調べています。
ToMMoはコホート調査を通じて被災地の方々に震災が与えた影響を分析し、健康支援のあり方を考えて被災地の復興支援に結び付け、地域の保健・医療の向上につなげていきます。
追跡調査においては、調査票の電子化等のe-Epidemiologyの技術を併用することで、コホート参加者の生活環境の多様化にあわせた効率のよい調査を実施することを目指しています。さらに、コホート参加者の追跡調査、健康調査結果回付等を電子的に実施可能な仕組みの構築にも挑んでいます。

調査参加者に説明をするToMMo GMRC

アドオン(追加)コホートの実施

コホート調査の特に追跡調査では、企業や他の研究機関と共同した「アドオン(追加)コホート」を積極的に導入することにより、調査の充実をはかっています。アドオンコホートでは、調査参加者の新たな同意のうえで、共同研究機関が追加を希望したアンケートの質問項目や特定の機器を用いた検査などを追加実施しています。

これまでの調査でわかってきたこと

コホート調査の結果から、さまざまな健康上の課題が浮かび上がってきています。特にいくつかの成果からは、東日本大震災の甚大な被害がその後の健康状態に影響していることがわかってきています。

 

調査結果を受けて

自治体や医療機関と連携

調査からわかった地域の健康状況は、県・市町村をはじめとする自治体や地域の医療機関にお伝えして、行政等の参考にお使いいただいています。そしてそれらが、実際に施策等に結びついた事例もあります。震災後の地域の方々の健康を守るために、調査から得られたさまざまな情報を発信していきます。

長期健康調査事業報告会の様子

地域の方々一人ひとりの健康の向上へ向けた活動

コホート調査参加者の方々には個人ごとの検査結果を郵送でお知らせしています。家屋被害が大きい方に比較的多く見られた高血糖、高脂質、高血圧等は、動脈硬化や呼吸機能の低下と密接に関連しており、脳卒中や心疾患の発症を増加させる可能性があります。そこでリスクの高い方には、ご自分の健康状態を知って予防に目を向け、生活習慣を変えることで、発症を防いでいただきたいと考えています。また調査の中で重篤な疾患が発見された等、急ぎの対応が必要と考えられる方には、緊急回付のご連絡をし、病院の紹介を行っています。メンタル面については、必要に応じて臨床心理士が電話相談や面談をする支援を延べ5,000人程度行いました。
また、通常よりも早く結果をお返しする緊急結果回付(重症高血圧、脳動脈瘤疑い、血液や骨髄の疾患など)を、789名(開始時~2019年11月11日現在)の方に行っています

循環型医師支援制度

ToMMoに所属する若手医師が、被災地沿岸を中心とした医療機関を支えています。この若手医師は循環型医師支援システムの中でToMMoクリニカル・フェロー(TCF)として、地域医療を行う時期と大学で最先端のゲノム医療などに関する研究に取り組む時期を順番に経験し、キャリアを形成しています。2019年秋までに延べ140名以上の医師が主に11の医療機関(気仙沼市立病院、気仙沼市立本吉病院、南三陸病院、石巻赤十字病院、女川町地域医療センター、美里町立南郷病院など)に赴任し、内科、外科などのポストを支援しています。
循環型医師支援システムは、ToMMoと東北大学病院、医学系研究科が構築し、東北大学病院 地域医療復興センターで統括して運用されています。

地域の医療現場で活躍するToMMoクリニカル・フェロー(TCF)撮影 千葉健一