東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2017.04.12

子ども向け遺伝教育ツールのワークブック「親子であそぼ!!遺伝子るんるん学び帳」を発行【プレスリリース】

東北大学 東北メディカル・メガバンク機構(以下、ToMMo)は、ゲノム医学普及啓発寄附研究部門(株式会社東芝の寄附により設立)の活動として、子ども向け遺伝教育ツールのワークブック「親子であそぼ!!遺伝子るんるん学び帳」を発行しました。
ToMMoのゲノム医学普及啓発寄附研究部門の小林朋子助教、鈴木洋一教授らは、「遺伝」について接する機会が少ないと思われる小児期から興味や関心を持ってほしいと考え、遊びながら学べる子ども向け遺伝教育ツールを、平成27年から作成してきました。このたび、これまで作成した遺伝教育ツールを一冊のワークブックにまとめた「親子であそぼ!!遺伝子るんるん学び帳」を発行し、配付を開始しました。
このワークブックは、4種類のワークシート(生き物と遺伝子の数、DNA、セントラルドグマ、体質)とそのワークシートに対する解説で構成されています。2枚の絵の中から異なる箇所を見つける「ちがいさがし」やシールを使った遊びの要素を取り入れながら、「遺伝」の知識を身に着けられるように工夫がされています。解説のページは、それぞれのテーマについて絵本のように親が子どもに読み聞かせることで、親子で「遺伝」に関する知識を高めることができます。ToMMoが行った調査*では、主に幼児から小学生の子どもが本ワークシートを面白いと感じるという結果が出ました。
ワークブックは無料で配付しています(送料は自己負担)。ご希望の方は下記お問い合わせ先までご連絡ください。

ワークブックについてのお問い合わせ先:
東北メディカル・メガバンク機構ゲノム医学普及啓発寄附研究部門 担当者:小林朋子
E-mail:gemeed*megabank.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

数に限りがあります。なくなり次第終了とさせていただきますので、ご了承ください。
配付期間:平成29年4月12日~平成29年4月30日(予定)

「親子であそぼ!!遺伝子るんるん学び帳」の表紙

【解説】
 *ToMMoが行った調査
 平成27年8月から平成29年3月に、ToMMoの地域支援センターや医療機関、ToMMo主催のイベントに来た子どもとご家族に遺伝教育ツールを配付し、ツールに対する子どもの反応とご家族の興味・関心を調査しました。

 プレスリリース詳細

関連リンク

子ども向け遺伝教育ツールを配り始めました

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.10.23| 山本雅之機構長・荻島創一准教授らが執筆した実験医学増刊号『ヒト疾患のデータベースとバイオバンク』が発行されました 2017.10.20| 熊本こころのケアセンター・熊本県精神保健福祉センターの皆さまがToMMoを来訪されました 2017.10.20| 指定国立大学法人東北大学 未来型医療創成拠点(仮称)教員募集(11/16締切) 2017.10.19| 富士フイルムの戸田雄三取締役副社長らがToMMoを来訪されました 2017.10.18| 第6回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(11月16日)

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.