東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ|成果一覧

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2019.02.14
NTTドコモとの共同研究「マタニティログ調査」のデザイン論文がBMJ Open誌に掲載
マタニティログ推進室長の菅原準一教授が主導する、妊婦の日々のライフログや多層オミックス情報から妊娠期の多彩な変動パターンを俯瞰的に捉え、周産期疾患の早期発症予測を目指す研究(マタニティログ調査)のデザイン論文が、2019 […]
2019.02.12
小柴生造教授と山口由美助教が寄稿した『最新医学』74巻2号(特集名「バイオインフォマティクスの進展・臨床応用」)が発刊されました
ゲノム解析部門の小柴 生造教授と山口 由美助教が寄稿した月刊誌『最新医学』74巻2号が、最新医学社から発刊されました。特集は「バイオインフォマティクスの進展・臨床応用」です。 書籍情報 【雑誌名】『最新医学』74巻2号 […]
2019.02.05
日本人集団の2型糖尿病に関わる新たな遺伝子領域を発見【プレスリリース】
発表のポイント ・20万人規模の日本人集団の遺伝情報を用いたゲノムワイド関連解析を行い、糖尿病治療薬の標的分子であるGLP-1受容体のミスセンス変異など、2型糖尿病の危険性を高める遺伝的変異を新たに同定しました。 ・2型 […]
2019.01.24
中谷准教授らのがん罹患者の配偶者の死亡リスクについての論文が掲載されました
予防医学・疫学部門の中谷直樹准教授、 辻一郎教授らによるがん罹患者の配偶者の死亡リスクについての論文が、Acta Oncologica誌に掲載されました。 がん罹患者と一緒に暮らす配偶者において、心理社会的健康への悪影響 […]
2019.01.15
クローン病の新しい疾患感受性遺伝子についての論文が国際科学誌Journal of Crohn’s and Colitisに掲載
ゲノム解析部門の長﨑正朗教授、安田純客員教授らの論文が、国際科学誌Journal of Crohn’s and Colitisに掲載されました。 クローン病は主に若年者にみられる炎症性腸疾患の一つであり、主に […]
2019.01.11
日本人ヒト全ゲノム解析に基づく高精度の住民ゲノム参照パネルの全SNV頻度情報を完全公開します
東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)では、東北メディカル・メガバンク計画のコホート調査に参加した日本人一般住民を中心に全ゲノムを解析、および精度検証を行い「日本人ヒト全ゲノム解析に基づく高精度の住民ゲノム参照パネ […]
2019.01.07
卵巣がんの発症リスクに関する遺伝子多型の新たな発見についての論文がオンライン科学誌PLOS ONEに掲載
ゲノム解析部門の布施昇男教授、地域医療支援部門の菅原準一教授は、東京大学の松田浩一教授を中心とした研究グループに参画し、卵巣がんの発症リスクに関する遺伝子多型を新たに発見しました。本成果は、オンライン科学誌PLOS ON […]
2019.01.04
東北メディカル・メガバンク計画におけるゲノム解析の進捗とその展望についての論文がJournal of Biochemistry誌に掲載
この度、東北メディカル・メガバンク計画におけるゲノム解析の進捗とその展望についての論文がJournal of Biochemistry誌に掲載されました。 同論文では次世代シークエンサーの出現によって始まった個別化医療、 […]
2018.12.19
喫煙の害は大きく、体格維持のための喫煙継続は論外 -日本人の体格指数と総死亡の関連を詳細に検討した論文を発表-
理想的な体格の喫煙者の死亡リスクは非喫煙者の最もハイリスクな体格の者よりも高い―厚生労働科学研究班の成果として― 東北メディカル・メガバンク機構の寳澤篤教授らは、参画している厚生労働科学研究「生涯にわたる循環器疾患の個人 […]
2018.12.17
成田助教らの論文がNature Communicationsに掲載されました
予防医学・疫学部門 の成田暁助教、寳澤篤教授、ゲノム解析部門の城田松之講師、山本雅之機構長が参加している研究グループの論文がNature Communicationsに掲載されました。 今回の論文は、東アジア系およびヨー […]

東北メディカル・メガバンク機構

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.