お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
成果
プレスリリース
イベント
2021.04.06
平成28年熊本地震時に解析支援した研究が論文発表されました
2016年4月14日から熊本県と大分県で相次いで発生した熊本地震の際、ToMMoは被災地の研究機関に対して研究支援を表明しました。東日本大震災を契機に発足した研究機関として、また、同じように震災で研究設備を失った者として、研究が中断される大変さを深く感じたためです。 ToMMoは保有する次世代シークエンサーを用い、熊本[...]
2021.03.15
山本雅之機構長がLester Packer Award 2021を受賞
山本雅之機構長がLester Packer Award 2021(SFRRI 2021)を受賞しました。 Lester Packer Awardとは、国際フリーラジカル研究学会が2年に一度授与する賞で、酸化還元作用に関する生物学・医学において、生涯にわたって顕著な功績をあげた研究者に贈られるものです。 主催のInter[...]
2021.03.03
新規の日本人アルツハイマー病関連遺伝子座位群を発見【プレスリリース】
研究成果のポイント • 日本人に特有および民族集団横断型の新規アルツハイマー病関連遺伝子座位群を同定 • アルツハイマー病のリスク因子群を用いた早期発症予測法の開発に貢献 • アルツハイマー病の関連分子の同定と病因解明から治療薬開発に貢献 概要  国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター(理事長:荒井秀典、愛知県大府[...]
2021.02.25
メタボローム解析による疾患および薬剤副作用予測バイオマーカー探索に関する総説論文がDrug Metabolism and Pharmacokinetics誌に掲載
ゲノム解析部門の三枝大輔講師と小柴生造教授(未来型医療創成センター兼任)らのグループは、ToMMoにおけるオミックス解析基盤技術である、質量分析計(MS)および核磁気共鳴装置(NMR)による生体内代謝物群(メタボローム)解析が、疾患バイオマーカー探索や薬剤副作用解析に有用であることを示した総説論文を執筆し、Drug M[...]
2021.02.24
開放隅角緑内障に関係する127の遺伝的変化を発見 - 世界14カ国の大規模国際共同研究で民族集団に共通した因子に迫る -【プレスリリース】
発表のポイント ・世界14カ国の開放隅角緑内障*1患者3万人以上の遺伝情報について、ゲノムワイドメタ解析*2を行い、開放隅角緑内障に関連する127の遺伝的座位*3を同定した。 ・ヨーロッパ系民族集団の開放隅角緑内障患者に関連する多くの遺伝的座位が他の民族集団(アジア系、アフリカ系)でも一致した影響度を示した。 ・これら[...]
2021.02.09
小児発達学分野の小林美佳学術研究員が優秀演題賞を受賞しました
第31回日本疫学会学術総会 にて、当機構予防医学・疫学部門 小児発達学分野の小林美佳学術研究員の演題が優秀演題賞を受賞しました。当該研究は、三世代コホート調査にて集積された情報に基づき、後期早期産児の精神運動発達の長期的予後を明らかにしたものです。 後期早産とは、在胎34週0日~36週6日までの出生を定義したものです。[...]
2021.02.04
医薬品による治療効果や副作用発現の個人差に関与する薬物代謝酵素CYP2C9の遺伝的特性を解明
東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)の平塚真弘准教授(東北大学大学院薬学研究科生活習慣病治療薬学分野、未来型医療創成センター(INGEM)、東北大学病院兼任)ならびに薬学研究科大学院生の公文代將希さん、ToMMoゲノム解析部門の木下賢吾教授、齋藤さかえ講師、田高周助教、菱沼英史助教(INGEM兼任)らの研究グル[...]
2021.01.29
お口の中には健康のヒントがいっぱい ~日本初の大規模口腔マイクロバイオーム解析~【プレスリリース】
発表のポイント ・1,000人規模の日本人集団で複数部位(唾液・歯垢)の口腔マイクロバイオーム*1を比較した解析結果を、日本で初めて発表しました。 ・解析結果から、唾液と歯垢の「マイクロバイオーム間のコミュニティ構造の違い*2」を明らかにし、微生物の多様度が歯周病の重症度と相関していることを示しました。 ・今回得られた[...]
2021.01.28
潜在的なシミをデジタル写真で計測する新手法 -人工知能で肌の紫外線写真を生成して色素斑を計測 -【プレスリリース】
発表のポイント ・紫外線による肌ダメージは、皮膚発癌やシミの原因です。肌ダメージを自分自身で知ることは、皮膚発癌やシミの予防になります。 ・ 肌ダメージを知るには、紫外線写真によって非侵襲的に評価する方法が有効ですが、そのための紫外線写真撮影装置は一般家庭には普及していません。また、病院・医院でも、限られた施設にしか備[...]
2021.01.27
寳澤篤教授らの論文がJournal of EpidemiologyのPaper of the yearに選ばれました
寳澤篤教授らが2018年11月にオンライン発表、2019年に論文誌発表した、日本人の体格指数と総死亡の関連を詳細に検討した論文がJournal of EpidemiologyのPaper of the yearに選ばれました。 Paper of the year は、日本疫学会の学会誌である Journal of Ep[...]