お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
成果
プレスリリース
イベント
2021.10.18
地域住民コホート担当 技術補佐員(フルタイム)募集 (11/15締切)
職種: 地域住民コホート担当 技術補佐員(フルタイム) 募集人員:若干名 採用予定日:令和3年12月1日 職務内容:  各種共同研究の推進に当たり、円滑な事業実施のための実務を行う。 (1)調査研究の実施補助 (2)上記(1)に関する資料作成補助 (3)本研究に関する関係各所との連携・調整・交流補助 (4)データの集計[...]
2021.10.14
環境省環境保健部環境リスク評価室 田中桜室長らがToMMoを訪問
2021年10月12日、環境省環境保健部環境リスク評価室 田中桜室長、国立環境研究所環境リスク・健康領域エコチル調査コアセンター 中山祥嗣次長、国立成育医療研究センター研究所エコチル調査研究部遺伝子解析室 熊坂夏彦室長がToMMoを訪問されました。 山本雅之機構長から当機構の概要説明を行い、シークエンス解析室、スーパー[...]
2021.10.13
スマートフォンアプリを長期健康調査に導入
ToMMoでは、2021年9月より「ToMMoバイタルアプリ」、10月より「マイToMMoアプリ」の二つのスマートフォンアプリを長期健康調査に導入しました。 これに先立って地域支援仙台センターでは、2021年8月12日よりスマートフォンを用いたドライアイに関する調査を実施しています(詳細)。今回の導入により長期健康調査[...]
2021.10.13
INGEM & ToMMoセミナーシリーズ第14・15回を開催しました
 2021年9月28日(火)・30日(木)、INGEM & ToMMoセミナーシリーズ第14・15回を開催しました。  今回は、ToMMoの事業の柱のひとつである長期健康調査において、三世代コホート調査を推進する小原 拓 准教授(ToMMo予防医学・疫学部門 分子疫学分野)、地域住民コホート調査を推進する中谷 [...]
2021.10.13
腸内細菌叢と身体情報のデータベース化に関する調査を開始しました
東北大学東北メディカル・メガバンク機構は、国の主導する戦略的イノベーション創造プログラム「食・マイクロバイオーム・健康情報統合データベースの社会実装加速用データの取得」の一環として、便検体より腸内細菌叢構成を調査し、身体症状との関連について評価を行うために、2021年10月より、便検体の採集を開始いたしました。 これま[...]
2021.10.12
災害交通医療情報学寄附研究部門 技術補佐員(時間雇用)募集 (11/19締切)
職種: 技術補佐員 (時間雇用) 募集人員:1名 採用予定日::採用決定後出来る限り早い時期 職務内容:  ①コホート健康調査に関する業務  ②書類のチェック、整理、メール・電話対応等に関する業務  ③基盤システムへのデータ登録、データチェック、集計処理、資料作成等  ④その他、室長等からの特命事項 応募資格:  ①基[...]
2021.10.05
地域支援大崎センター 看護師・准看護師・臨床検査技師等 (フルタイム)募集 (10/18締切)
職種: 看護師・准看護師・助産師・保健師・臨床検査技師(フルタイム) ※採用時の職名は「学術研究員」となります。  募集人員:1名 採用予定日:令和3年11月1日 職務内容:  ①健康調査業務(採血、生理学的検査(呼吸機能・心電図・頸動脈エコー)など)  ②調査会場などにおける事業説明・同意取得などの実務  ③他支援セ[...]
2021.10.01
「地域とToMMoに基金」を設立
ToMMoは、2021年10月1日「地域とToMMoに基金」を設立し、ご寄付の申し込みの受け付けを開始しました。 詳細は 地域とToMMoに基金 をご覧ください。多数の方々のご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。 [...]
2021.09.30
地域支援仙台センター 技術補佐員(時間雇用)募集 (10/18締切)
職種: 技術補佐員 (時間雇用) 募集人員:1名 採用予定日:令和3年11月1日以降 職務内容:  ①当機構が実施するドライアイ追加調査*に関わる業務全般  ②地域支援センターにおける事業説明・同意取得・登録等の実務、健康調査に係る業務全般  ③教員からの特命事項  *「モバイルヘルス(mHealth)のアプリを活用し[...]
2021.09.29
バイオバンク横断検索システム第3版の公開~疾患特異的臨床情報の追加、データの拡充~
発表のポイント ・ わが国の主要なバイオバンクが保有する試料・情報を一括で検索できるバイオバンク横断検索システムをバージョンアップし、新たな検索項目として、疾患特異的臨床情報を追加し第3版を公開しました。 ・ 各バイオバンクが保管する試料・情報の対象を拡大し、総計約47万人からの約103万検体、約23万件の情報が一度に[...]