お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
成果
プレスリリース
イベント
2013.07.01
山本雅之教授(東北メディカル・メガバンク機構長)の高峰記念第一三共賞受賞について
東北メディカル・メガバンク機構長 山本雅之教授(東北大学大学院医学系研究科 医化学分野)は、高峰記念第一三共賞の受賞者として選出されました。 受賞研究テーマ「環境ストレスに対する生体応答メカニズムの解明」 この度の受賞について2013年7月1日に第一三共株式会社より発表され、授賞式は2014年2月に予定されています。 [...]
2013.06.26
第四期目のToMMo GMRC(ゲノム・メディカルリサーチコーディネーター)が認定されました
2013年6月10日〜26日、第四期目の東北メディカル・メガバンク機構認定ゲノム・メディカルリサーチコーディネーター(愛称ToMMo GMRC)講習を、東北大学星陵キャンパスで開催しました。今期の試験で合格し、認定を受けたToMMo GMRCは10名です。 6月26日に開かれた認定式では、山本雅之機構長が地域住民コホー[...]
2013.06.17
山本雅之機構長が日本腎臓財団学術賞を受賞しました。
平成25年6月7日、山本雅之機構長が「エリスロポエチン産生機構の解明に関する研究」で日本腎臓財団学術賞を受賞しました。 関連リンク   医化学分野[...]
2013.06.04
6月7日に開催される、公開シンポジウム「個別化医療・創薬への貢献を目指すコホート研究の新展開」で、山本雅之機構長が講演します
2013/06/07(金)にJA共済ビルにて、公開シンポジウム「個別化医療・創薬への貢献を目指すコホート研究の新展開」が開催されます。 このシンポジウムにて 「東日本大震災からの創造的復興と東北メディカル・メガバンクプロジェクト」 と題して、東北メディカル・メガバンク機構 山本雅之機構長が講演します。 関連リンク シン[...]
2013.06.03
腎性貧血のモデルマウスを作成〜貧血治療法の開発に期待〜【プレスリリース】
東北大学大学院医学系研究科の山本雅之教授(東北メディカル・メガバンク機構機構長)、山㟢瞬研究員、鈴木教郎講師らは、慢性腎臓病で併発する腎性貧血のモデル動物開発に成功しました。 腎臓は体内の老廃物を排出するための臓器ですが、赤血球をつくるために必要なホルモン「エリスロポエチン(EPO)」を分泌する役割も担っています。その[...]
2013.06.03
萩友会のホームページに 山本雅之機構長のインタビュー記事が掲載されました。
東北大学萩友会のホームページに 山本雅之機構長のインタビュー記事が掲載されました。 記事(東北大学萩友会ウェブサイト)[...]
2013.05.30
大河原町長を訪問しました。
東北大学東北メディカル・メガバンク機構の機構長・山本雅之以下7名は、平成25年年5月29日(水)、大河原町役場に大河原町長・伊勢敏様らを訪ねて、東北メディカル・メガバンク事業についてご説明し、懇談を行った。 事業の中でも特に大河原町において、近々に開始を予定している三世代コホート事業について詳細をご説明し、また、協力協[...]
2013.05.24
東北メディカル・メガバンクコホート事業キックオフシンポジウム「みんなでつくる健康な宮城」 報告
 被災地に医療と健康を。宮城に健康を。 ——— そんな熱い思いのもと、4月20日(土)、TKPガーデンシティ仙台ホールにて、東北メディカル・メガバンクコホート事業キックオフシンポジウム『みんなでつくる健康な宮城』が開催されました。集まってくださった参加者は約300人。「次世代の保健と[...]
2013.05.17
地域支援多賀城センターを開所しました。
2013年5月16日、東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)地域支援多賀城センターの開所式典を執り行いました。 開所式では、山本雅之機構長(ToMMo)による開式挨拶の後、菊池健次郎多賀城市長、平正美七ヶ浜町副町長(渡邊善夫七ヶ浜町長ご代理)、古田裕志文部科学省ライフサイエンス課ゲノム研究企画調整官(板倉康洋ライ[...]
2013.05.14
第三期目のToMMo GMRC(ゲノム・メディカルリサーチコーディネーター)が認定されました
 2013年4月17日〜26日、第三期目の東北メディカル・メガバンク機構認定ゲノム・メディカルリサーチコーディネーター(愛称ToMMo GMRC)講習を、東北大学星陵キャンパスで開催しました。今期の試験に合格し、認定を受けたToMMo GMRCは30名です。   今期は一部の講義に限って受講者以外の[...]