お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
成果
プレスリリース
イベント
2013.12.26
第十期目のToMMo GMRC(ゲノム・メディカルリサーチコーディネーター)が認定されました
2013年12月26日、第十期目の東北メディカル・メガバンク機構認定 ゲノム・メディカルリサーチコーディネーター(愛称ToMMo GMRC)の認定式が開催されました。今期の試験の合格者は8名で、2012年に養成が始まってから、 これまでに認定を受けたToMMo GMRCは、合計138名となりました。 認定式では、山本雅[...]
2013.12.19
東北メディカル・メガバンク事業(宮城)地域協議会 設立準備大会を開催
2013年12月16日(月)、仙台市で東北メディカル・メガバンク事業(宮城)地域協議会 設立準備大会が開催されました。 会では伊勢敏大河原町長や嘉数研二宮城県医師会長をはじめ地域の方々からご祝辞をいただきました。 ToMMoからは各事業について目的や進捗状況を説明しました。またコホート調査のCMに出演する岩手佳代子さん[...]
2013.12.06
第九期目のToMMo GMRC(ゲノム・メディカルリサーチコーディネーター)が認定されました
2013年12月5日、第九期目の東北メディカル・メガバンク機構認定 ゲノム・メディカルリサーチコーディネーター(愛称ToMMo GMRC)の認定式が開催されました。今期の試験の合格者は15名で、2012年に養成が始まってから、 これまでに認定を受けたToMMo GMRCは、合計130名となりました。 認定式では、山本雅[...]
2013.11.29
疾病原因探索の基盤となる 1000 人分の 全ゲノム配列の高精度解読を完了 ~1500 万個におよぶ新たな遺伝子多型を収集~【プレスリリース】
<成果のポイント> ○東北メディカル・メガバンク計画のコホート事業に参加した健常な日本人1000人分の全ゲノム解読を完了。 ○1300万個の既知の遺伝子多型に加え、1500万個におよぶ新規遺伝子多型を収集。 東北大学東北メディカル・メガバンク機構(機構長:山本雅之、以下ToMMo)は、東北メディカル・メガバ[...]
2013.11.06
地域支援大崎センターを開所しました。
2013年11月6日、東北大学東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)地域支援大崎センターの開所式典を行いました。 式は山本雅之 東北大学東北メディカル・メガバンク機構長の挨拶から始まり、近隣の自治体の方々も参加して、テープカットが行われました。 式典の後は茶話会を催し、栗山進一 地域支援大崎センター長(三世代コホ[...]
2013.10.28
山本雅之機構長が東日本放送 東北ビジネス最前線に出演します(11/02 9:30)
東北メディカル・メガバンク機構長の、山本雅之教授が、東日本放送 東北ビジネス最前線に出演します。 放送日時 : 11月2日(土)9時30分~10時15分  [再放送] 11月3日(日)25時10分~25時55分(予定) 放送局 : KHB 東日本放送   関連リンク 東北ビジネス最前線[...]
2013.10.21
公開シンポジウム「東北からの創薬」で山本雅之機構長が講演します
2013年10月26日、公開シンポジウム「東北からの創薬 ~バイオバンクとアカデミア創薬の融合~」が開催されます。 このシンポジウムにて、当機構の機構長である山本雅之教授が「東北メディカル・メガバンクと創薬」と題して講演を行います。 皆さまのご参加をお待ちしております。  日時: 2013年10月26日(土) 13:0[...]
2013.09.06
二つの主要な生体防御機構が連携するしくみを発見~このしくみを利用してがん細胞が増殖~【プレスリリース】
東北大学大学院医学系研究科医化学分野 山本雅之 教授(東北メディカル・メガバンク機構機構長)らは、(公財)東京都医学総合研究所の一村義信 研究員、小松雅明 副参事研究員らとの共同研究において、二つの生体防御機構(オートファジーとKeap1-Nrf2経路)がp62たんぱく質のリン酸化を介して連動していること、この機構をが[...]
2013.08.15
第五期目のToMMo GMRC(ゲノム・メディカルリサーチコーディネーター)が認定されました
2013年7月17日〜26日、第五期目の東北メディカル・メガバンク機構認定ゲノム・メディカルリサーチコーディネーター(愛称ToMMo GMRC)講習を、東北大学星陵キャンパスで開催しました。今期の試験で合格し、認定を受けたToMMo GMRCは12名です。 8月6日に開かれた認定式では、山本雅之機構長が「ToMMoの事[...]
2013.07.08
腎臓病悪化の原因細胞を同定 -慢性腎臓病の治療法開発に光- [プレスリリース]
東北大学大学院医学系研究科医化学分野の山本雅之教授(東北メディカル・メガバンク機構 機構長)と同分野の相馬友和博士らの研究グループは、腎臓病の悪化のメカニズムの一端およびその病態の可逆性を発見しました。 研究チームはこれまでに、造血に重要な役割を果たす腎エリスロポエチン産生細胞を同定し、同細胞が腎臓病で性質を変化させ腎[...]