東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2020.01.14

量子暗号通信技術を用いた全ゲノム配列データの伝送を世界で初めて実証【プレスリリース】

~大容量データ伝送にも対応した量子暗号技術がゲノム研究・ゲノム医療分野での実用レベルの活用を可能に~

東北大学東北メディカル・メガバンク機構(以下、ToMMo)と株式会社東芝(以下、東芝)は、数百ギガバイトを超えるデータ量の全ゲノム配列データを、量子暗号通信を用いて伝送することに世界で初めて成功しました。量子暗号通信技術による鍵配信速度は現時点で最大でも10Mbps程(参考資料)であり大規模なデータ伝送の活用には課題がありましたが、今回ToMMoと東芝は、大規模データを逐次暗号化・逐次伝送するシステムを新たに開発し、全ゲノム配列データのリアルタイム伝送を実現しました。

これにより、量子暗号技術が大容量データの伝送に活用できること、またゲノム研究・ゲノム医療の分野において実用レベルで活用できることを実証しました。

本研究の一部は、内閣府総合科学技術・イノベーション会議の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「光・量子を活用したSociety 5.0実現化技術」(管理法人:量子科学技術研究開発機構)によって実施されました。

プレスリリース詳細

開発したゲノム解析データ伝送システムの概要

伝送拠点と伝送経路の概要

関連リンク

実環境下での鍵配信速度10Mbpsを超える高速量子暗号通信の実証に世界で初めて成功

日本初の量子暗号通信システムの実証試験に協力します

株式会社東芝

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2020.01.21| 研究における遺伝情報の返却の倫理的・法的・社会的課題に関する論文を発表 ‐ゲノム医療の時代における研究のあり方に関する提言をもとに‐【プレスリリース】 2020.01.21| Nrf2活性化によるアルツハイマー病改善作用の解明【プレスリリース】 2020.01.20| 第22回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(2/18) 2020.01.16| jMorpにメチローム/トランスクリプトーム情報、及びジャポニカアレイ®NEO疾患関連マーカーリストが加わりました 2020.01.16| INGEM&ToMMoセミナーシリーズ第5回を開催しました

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.