東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2015.06.19

日本初の量子暗号通信システムの実証試験に協力します

株式会社東芝は、ジャポニカアレイ®を用い解析したゲノム解析データを、量子暗号通信システムにより暗号化し、7km先の東北大学 東北メディカル・メガバンク機構まで送信する実証試験を8月31日から開始します。当機構ではこの実証試験に協力します。量子暗号通信システムは、盗聴が理論上不可能な通信手段であり、実データを用いた量子暗号通信システムの実証試験は、国内初となります。

なお、ジャポニカアレイ®は、東北メディカル・メガバンク機構により開発された、日本人ゲノム情報を高精度かつ低コストで解析可能とする遺伝子解析ツールで、国立大学法人東北大学の登録商標です。プレスリリース

東北大学は、株式会社東芝と、ヘルスケアビックデータ研究に関する連携・協力に関する協定を、平成25年8月1日(木)に締結しています。プレスリリース

関連リンク

盗聴が理論上不可能な量子暗号通信システムの実証試験の開始について(株式会社東芝)

日本人に最適化されたSNPアレイ「ジャポニカアレイ®」を設計~約66万個のSNP情報を搭載した個別化予防・医療研究を加速する解析ツール~【プレスリリース】
ToMMoの研究成果が、COI東北拠点による日本人ゲノム解析ツール「ジャポニカアレイ®」に活用されました
センター・オブ・イノベーション(COI)プログラムの社会実装成果発表について
東北大学と東芝との連携・協力に係る協定の締結について

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2019.06.20| 特許庁より岩崎晋審査第三部部長らが来訪されました 2019.06.19| ゲノム解析部門(オミックス解析室) 技術補佐員 募集(7/19締切) 2019.06.19| 広報戦略室 学術研究員 募集(7/10締切) 2019.06.17| 【scene of gene】「各国ですすむ基準ゲノム構築プロジェクト」を公開 2019.06.13| 東北メディカル・メガバンク計画におけるバイオバンクの構築と試料の管理に関する論文がThe Tohoku Journal of Experimental Medicine誌に掲載されました

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.