東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2019.05.30

川嶋助教らが執筆したビフィドバクテリウム菌のう蝕誘発機能についての論文が国際学術誌に掲載されました

ゲノム解析部門の川嶋順子助教らが執筆したビフィドバクテリウム菌のう蝕誘発機能についての論文が、国際学術誌「Frontiers in Microbiology」にオンライン掲載となり、プレスリリースされました。
本研究では、重度の小児う蝕患者から特徴的に検出されることが報告されているビフィドバクテリウム菌について、特異な糖代謝機構「ビフィドシャント」がう蝕の誘発に関与していること、小児期によく摂取する乳糖(ラクトース)がその糖代謝機能の効率を上昇させたことを発見しました。
これまでう蝕の研究は、主に砂糖を代謝し乳酸を産生する細菌(特にストレプトコ ッカス・ミュータンス菌)が対象にされてきましたが、本研究によって乳糖を代謝し、酢酸を産生する細菌による「新たなう蝕病因論」が展開されることが期待されます。 

書誌情報

タイトル:Acidogenic Potential of Oral Bifidobacterium and Its High Fluoride Tolerance 
著者名:Ayumi Manome, Yuki Abiko, Junko Kawashima, Jumpei Washio, Satoshi Fukumoto, Nobuhiro Takahashi 
掲載誌:Frontiers in Microbiology 
掲載日:16 May 2019
doi:10.3389/fmicb.2019.01099 

 

関連リンク

新たなう蝕関連細菌ビフィドバクテリウム菌の 糖代謝機構の解明(東北大学大学院歯学研究科プレスリリース)

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2020.01.21| 研究における遺伝情報の返却の倫理的・法的・社会的課題に関する論文を発表 ‐ゲノム医療の時代における研究のあり方に関する提言をもとに‐【プレスリリース】 2020.01.21| Nrf2活性化によるアルツハイマー病改善作用の解明【プレスリリース】 2020.01.20| 第22回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(2/18) 2020.01.16| jMorpにメチローム/トランスクリプトーム情報、及びジャポニカアレイ®NEO疾患関連マーカーリストが加わりました 2020.01.16| INGEM&ToMMoセミナーシリーズ第5回を開催しました

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.