東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2019.01.21

第18回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(2/21)

ゲノムプラットフォーム連携センターの主催による第18回 ゲノム・オミックス連携推進セミナーを、下記の通り開催致します。オープンなセミナーですので、学外、学生の方々を含め、ご興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

詳細

【日時】2月21日(木)15:00~16:30
【場所】東北メディカル・メガバンク棟 3階大会議室
【講師】太田 博樹 先生
    北里大学 医学部 解剖学研究室 准教授
【演題】縄文人ゲノム解読への道のり

セミナー案内

セミナー要旨

古い生物遺物からDNAを取り出し遺伝情報を分析する研究は、1980年代に始まった。この「古代DNA分析」という分野は、PCR法の発明、自動シークエンサによるサンガー法の汎用化、次世代シークエンサの誕生といった技術的な画期に伴い発展し、現在は「古代ゲノム学」としてヨーロッパを中心に独自の展開を示している。生きている生物の組織や血液から得られるDNAと違い、古代DNAは自然条件下で化学修飾を受け、断片化し、分子数の減少という“三重苦”を背負っている。本セミナーでは、演者が1990年代に分析した弥生人骨のDNA分析から、昨年Science誌に発表した縄文人骨の全ゲノム・ドラフト配列決定の達成まで、国内外の研究動向を紹介し、古代ゲノム解析により明らかになってきた東ユーラシア人の集団史について概説する。

問い合わせ先

東北メディカル・メガバンク機構
ゲノムプラットフォーム連携センター 木下、田宮、櫻井
連絡先: seminar*gpc.megabank.tohoku.ac.jp
(*を@に変えて下さい)

 

関連リンク

第17回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(1/31)
第16回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(12/4)
第15回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(10/4)
第14回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(7月19日)

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2019.07.17| 酸化ストレスを感知する仕組みを解明-何重にも張り巡らされたストレス感知のための巧妙な仕組み-【プレスリリース】 2019.07.16| 地域住民コホート室 学術研究員または技術補佐員(SE・プログラマー)(時間雇用)募集(8/2締切) 2019.07.16| 情報基盤室 技術補佐員 募集(8/16締切) 2019.07.16| 広報戦略室 学術研究員 募集(8/9締切) 2019.07.16| 増子宏文部科学省大臣官房審議官が来訪されました

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.