東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2018.11.01

第16回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(12/4)

ゲノムプラットフォーム連携センターの主催による第16回 ゲノム・オミックス連携推進セミナーを、下記の通り開催致します。オープンなセミナーですので、学外、学生の方々を含め、ご興味のある方はどなたでもご参加頂けます。

詳細

【日時】12月4日(火)15:30~16:45
【場所】東北メディカル・メガバンク棟 3階大会議室
【講師】角田 達彦 先生
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 医科学数理分野 教授
【演題】ゲノム医科学の進展とプレシジョン医療の推進

セミナー案内

セミナー要旨

講演者は、オーダーメイド医療、今で言うプレシジョン医療の推進を意識して、ゲノム解析手法、ゲノム科学、そしてゲノム医科学の研究を進めてきました。マイクロアレイを用いた全遺伝子発現による、がん遺伝子探索や治療応答予測モデルの構築から始まり、世界初のゲノムワイド関連解析(GWAS)への貢献や全染色体上の連鎖不平衡地図の構築、国際HapMap計画への参画と、それによる世界のGWASの推進、バイオバンクジャパンにも後押しされた生活習慣病関連遺伝子発見へと研究を展開しました。続き、急速な進展をとげている次世代シークエンサー技術を用いた世界初の日本人全ゲノム解析、がん全ゲノム解析を行ってきました。さらに、がんを中心としたマルチオミックス解析、そしてそれを縦に繋げるトランスオミックス解析へと時代は進んでいます。その目指す先は、予測モデルによる個別化医療と先制医療であり、現在は、がん免疫などにチャレンジしています。これらを俯瞰するとともに、研究の将来像について、そして医療の未来像について議論したいと思います。

 

問い合わせ先

東北メディカル・メガバンク機構
ゲノムプラットフォーム連携センター 木下、田宮、櫻井
連絡先: seminar*gpc.megabank.tohoku.ac.jp
(*を@に変えて下さい)

 

関連リンク

第15回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(10/4)
第14回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(7月19日)
第13回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(5月25日)

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2019.01.18| 地域支援大崎センター 保育士 募集(2/15 締切)(締切延長しました) 2019.01.15| クローン病の新しい疾患感受性遺伝子についての論文が国際科学誌Journal of Crohn’s and Colitisに掲載 2019.01.11| 一般社団法人日本アンチ・ドーピング研究コンソーシアム 第2回シンポジウム開催(2/10) 2019.01.11| 日本人ヒト全ゲノム解析に基づく高精度の住民ゲノム参照パネルの全SNV頻度情報を完全公開します 2019.01.09| アレイ解析室 技術補佐員 募集(2/28締切)

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.