東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2018.09.20

9,600人分のSNPアレイ/NMRメタボローム解析情報の分譲を開始しました

この度、SNPアレイ情報(一塩基多型の個人毎遺伝型)約9,000人、及びNMRメタボローム解析約600人について、新たに情報分譲の対象としました。これらのデータは、主に当機構の研究者(研究代表者 山本雅之)が受託した、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)によるゲノム医療実現推進プラットフォーム事業先端ゲノム研究開発(GRIFIN)課題「多因子疾患の個別化予防・医療を実現するための公開統合ゲノム情報基盤の構築」(平成28年度採択)により産生されたもので、AMEDの定めるデータシェアリングポリシーに従い、日本全国の研究者による利活用を促進する制限公開データにあたります。

詳細

今回、新たに情報分譲の対象となったのは、上記のGRIFIN課題として平成28年度に解析が実施された延べ9,784人です。その内訳は、ジャポニカアレイ®v2により解析され、インピュテーション技術によって全ゲノム復元されたSNPアレイ情報(一塩基多型の個人毎遺伝型)9,193人(うち、約3,000人分は東北メディカル・メガバンク計画で実施されたもの)、及びNMRメタボローム解析情報593人です。全てのデータに対して、付随情報として、基本情報(年齢、性別)及び調査票(生活)の罹患歴情報が利用可能です。

これらの分譲対象となった情報及びそれらのカタログデータは、当計画の試料・情報関連ウェブサイト内、東北メディカル・メガバンク統合データベース dbTMM カタログにて、リリース2.0.0 として公開されています。

今後もゲノム医療実現推進プラットフォーム事業が目指す国内のゲノム研究基盤の整備として、解析の進捗に伴い分譲対象数を増やしていくとともに、付随情報の拡張による情報の充実化を図って参ります。

関連リンク

東北メディカル・メガバンク計画 バイオバンク試料・情報関連ウェブサイト

ゲノムプラットフォーム連携センター

研究者の方々へ

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2019.05.22| 「研究における個人の遺伝情報の結果返却 検討および留意すべき事項と今後の議論・検討に向けた課題に関する提言」の公開 2019.05.22| 「脳と心の健康調査」のデータ分譲開始 2019.05.22| 東北経済産業局長 相樂希美様らがToMMoを来訪されました 2019.05.21| キリンホールディングス株式会社小林憲明取締役常務執行役員らが来訪されました 2019.05.16| 長期健康調査ウェブサイトを公開しました

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.