東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2016.01.05

「震災1年後の将来の住居の見通しと心理的苦痛リスクの関連」についての論文が Psychiatry and Clinical Neurosciences誌 に掲載されました

東北大学東北メディカル・メガバンク機構予防医学・疫学部門の 中谷直樹准教授 は、同部門の 中村智洋助教 及び 土屋菜歩助教成田暁助教辻一郎部門長寳澤篤教授富田博秋教授 と共同で、「住居の見通しと心理的苦痛リスク 七ヶ浜健康増進プロジェクト」についての論文を発表しました。この成果は Psychiatry and Clinical Neurosciences 誌に2015年12月11日付でドラフト版がオンライン公開され、その後1月14日にオンラインで出版されました。

■研究内容
震災後、多くの被災者が仮設住宅等への居住を余儀なくされている。本研究では、震災1年後の住居の見通しと心理的苦痛リスクの関連について、七ヶ浜健康増進プロジェクトに参加した被災者のうち、3,614人を解析対象者として検討した。
今後の居住場所を現在検討している者(オッズ比2.1倍)、見通しのない者(オッズ比1.9倍)は、既に居住場所が決定している者(基準=オッズ比1.0倍)に比し、心理的苦
痛リスクが増大した。

■論文
Prospect of the future housing and the risk of psychological distress at 1 year after an earthquake disaster
Naoki Nakaya, Tomohiro Nakamura, Naho Tsuchiya, Akira Narita, Ichiro Tsuji, Atsushi Hozawa and Hiroaki Tomita
DOI: 10.1111/pcn.12377
論文名邦訳:震災1年後の将来の住居の見通しと心理的苦痛リスクの関連

関連リンク

Psychiatry and Clinical Neurosciences

東北メディカル・メガバンク機構 予防医学・疫学部門 個別化予防・疫学分野 寳澤研究室

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.01.19| 遺伝的体質に基づく 新しい「脳梗塞発症リスク予測法」を開発 ~脳梗塞の予防に貢献可能~【プレスリリース】 2017.01.18| 本日(1/18)結成が発表された「アンチ・ドーピング研究推進のためのコンソーシアム」にToMMoは大きく貢献します 2017.01.18| 河北新報「医進伝心」に八重樫伸生機構長特別補佐のエッセーが掲載 2017.01.18| 株式会社エスアールエルの方々がToMMoを来訪されました 2017.01.17| 国際的なゲノム研究団体GA4GHの代表Goodhand氏が講演

Copyright(C) Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.