東北メディカル・メガバンク機構

医療情報ICT部門

  • ToMMoとは?
  • 組織・メンバー
  • 医療情報ICT部門
  • 医療情報ICT部門は、災害に強く役に立つ地域医療福祉連携情報基盤、被災者とその子供たちの未来へ向けた健康管理とゲノムコホートのための健診・コホート情報基盤、最新の技術レベルを結集したメガバンク解析保存情報基盤、セキュリティーに配慮したバイオバンク公開情報基盤の四つの情報基盤を統合した世界初最高峰の次世代生命医療情報基盤を構築いたします。特に、地域医療福祉連携情報基盤の構築にあたっては、2011年11月に設立された「みやぎ医療福祉情報ネットワーク協議会(MMWIN®」と共に、地域の医療福祉情報のICT化を推進いたします。東日本大震災の津波被害で顕在化した「医療情報の喪失が医療の実施不能に直結する」という現実を二度と繰り返さず、さらに震災前より良くなったと思える包括的な地域連携型医療介護福祉を築くための礎として、ICT化を喫緊の課題と設定し、取り組んでいきたいと考えています。

    教授 冨永 悌二 田中 博    
    准教授 荻島 創一 高井 貴子    
    講師 下川 和郎      
    助教 永家 聖      
    助手 水野 聖士      

    冨永 悌二 教授 部門長

    神経外科学分野教授。 医学系研究科 教授(神経外科学分野)。東北大学病院副病院長。東北大学病院教授、脳神経外科長。 米国生体膜研究所(フィラデルフィア)、バロー神経学研究所(フェニックス)留学。2003年より医学系研究科 教授。医学博士。社団法人「宮城県脳卒中ネットワーク」理事長、財団法人宮城県対脳卒中協会会長、日本脳神経外科学会理事、日本脳卒中学会理事、日本脳卒中の外科学会理事、日本脳腫瘍の外科学会理事、日本脊髄外科学会理事、など。

    論文(Mendeley)

    主な受賞

    平成26年度文部科学大臣表彰 科学技術賞 研究部門平成25年度「情報通信月間」総務大臣表彰

    先頭に戻る

    田中 博 特任教授

    東北メディカル・メガバンク機構長 特別補佐。災害交通医療情報学寄附研究部門教授。バイオクリニカル情報学分野特任教授。東京大学工学部卒業(1974)、医学系研究科修了(医学博士)、東京大学工学系大学院より工学博士、同大学医学部講師、スウェーデンウプサラ大学およびリンショーピング大学、米国マサチューセッツ工科大学(MIT)などでVisiting Scientist、東京医科歯科大学教授、名誉教授、2015年4月から現職。専門は、生命情報学、医療情報学。

    論文(Mendeley)

    先頭に戻る

    荻島 創一 准教授

    バイオクリニカル情報学分野准教授。 統合データベース室長。東京大学工学部卒業(2000年3月)、東京医科歯科大学大学院修了(博士(医学))。同大学助手・助教、ハイデルベルク大学 定量システム生物学研究所(BIOQUANT) 客員研究員を経て、2012年5月から東北メディカル・メガバンク機構バイオクリニカル情報学分野講師、2014年10月から現職。専門は、トランスレーショナル・バイオインフォマティクス、システム生物学、医療情報学。

    論文(Mendeley)

    主な受賞

    Asia Pacific Bioinformatics Conference 2011 the Best Poster Awards
    Oxford Journals ­ Japanese Society for Bioinformatics Prize 2012

    先頭に戻る

    高井 貴子 准教授

    バイオクリニカル情報学分野准教授。 コホート情報管理室長。 東京大学大学院理学系研究科修士課程修了。理学博士。 国立医薬品食品衛生研究所研究員、東京大学医科学研究所助手、東京大学大学院情報理工学研究科特任講師、東京医科歯科大学特任准教授などを経て、2012年から現職。専門は、生物情報科学。

    論文(Mendeley)

    主な受賞

    人口知能学会研究会優秀賞(2004)
    Best poster award. The 3rd International Symposium on “Towards Creating New Industries Based on Inter-Nanoscience”(2005)

    先頭に戻る

    下川 和郎 講師

    バイオクリニカル情報学分野講師。名古屋大学工学部卒業(1993年)、筑波大学工学研究科修了(博士(工学))、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)養成技術者、理化学研究所研究員、東京医科歯科大学特任講師、国立国際医療研究センター上級研究員を経て、2013年9月から現職。専門は、脳神経科学、バイオインフォマティクス、ゲノム科学、医療情報学。

    先頭に戻る

    永家 聖 助教

    バイオクリニカル情報学分野助教。電気通信大学電気通信学部卒業(2005年)、東京医科歯科大学大学院修了(理学修士)。産業技術総合研究所テクニカルスタッフ、東京医科歯科大学大学院特任助教、特任研究員、民間企業を経て、2012年10月に東北メディカル・メガバンク機構バイオクリニカル情報学分野 助手、2016年4月から現職。専門は、バイオインフォマティクス、医療情報学。

    先頭に戻る

    水野 聖士 助手

    バイオクリニカル情報学分野助手。環境遺伝医学総合研究センター助手。東京農業大学応用生物科学部卒業(2009年)、東京医科歯科大学大学院疾患生命科学研究部修了(理学修士)。東北大学医学系研究科助手を経て2015年8月から現職。専門は、生命情報学、トランスレーショナル・バイオインフォマティクス。

    論文(Mendeley)

    先頭に戻る

    東北メディカル・メガバンク機構

    お知らせ
    2017.01.20| 2KJPNを使用した論文が発表されています 2017.01.20| 第81回インシリコ・メガバンク研究会開催のお知らせ(2月2日) 2017.01.19| 遺伝的体質に基づく 新しい「脳梗塞発症リスク予測法」を開発 ~脳梗塞の予防に貢献可能~【プレスリリース】 2017.01.18| 本日(1/18)結成が発表された「アンチ・ドーピング研究推進のためのコンソーシアム」にToMMoは大きく貢献します 2017.01.18| 河北新報「医進伝心」に八重樫伸生機構長特別補佐のエッセーが掲載

    Copyright(C) Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.