お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
成果
プレスリリース
イベント
2012.12.14
地域支援センターの開所が各メディアで紹介されました。
地域支援センターの開所が各メディアで紹介されました。 地域支援石巻センターと地域支援気仙沼センターは2012年12月に開所式を行いました。地域支援岩沼センターは2013年1月の開所を予定しています。 関連リンク 地域支援石巻センターの開所式を行いました。 地域支援気仙沼センターの開所式を行いました。 各メディアwebサ[...]
2012.12.13
富田博秋教授が出演した東北大学サイエンスカフェが河北新報社のKol netで紹介されました。
富田博秋教授(東北大学災害科学国際研究所災害医学研究部門災害精神医学分野)が出演したサイエンスカフェが河北新報社のKol netで紹介されました。 河北新報 Online News(掲載期間終了) サイエンスカフェのページ 富田博秋教授が第86回東北大学サイエンスカフェに出演しました。[...]
2012.12.13
地域支援気仙沼センターの開所式を行いました。
2012年12月13日、東北メディカル・メガバンク機構 地域支援気仙沼センターの開所式が開かれました。 遠隔システムを通した山本雅之機構長の挨拶で式が始まり、気仙沼市長代理の鈴木忠春保健福祉事務所健康増進課長等、地域の関係者よりご挨拶を頂きました。 さらに機構の八重樫伸生地域医療支援部門長から遠隔で挨拶がなされ、センタ[...]
2012.12.10
地域支援石巻センターの開所式を行いました。
2012年12月10日、東北メディカル・メガバンク機構は地域支援石巻センターの開所式を行いました。 式には地域の関係者等をお招きして、センター長の菅原準一教授(地域医療支援部門)と寳澤篤副部門長(予防医学・疫学部門)がセンターの実施する事業を説明しました。   開所式では地域の医療関係者や文科省の方よりご祝辞[...]
2012.12.05
第5回東北大学国際産学連携シンポジウムにて山本雅之機構長とUKバイオバンクのクリスチャン・スプレックレー氏が講演しました。
第5回東北大学国際産学連携シンポジウムにて山本雅之機構長とUKバイオバンクのクリスチャン・スプレックレー氏が講演しました。 2012年12月4日、東京大手町にて第5回東北大学国際産学連携シンポジウムが開催されました。本シンポジウムは『東北大学からのメッセージ〜震災に学ぶ 国際社会との新時代の連携』と題し、東北メディカル[...]
2012.12.03
富田博秋教授が第86回東北大学サイエンスカフェに出演しました。
2012年11月30日、富田博秋教授(東北大学災害科学国際研究所災害医学研究部門災害精神医学分野)が第86回東北大学サイエンスカフェに出演しました。 仙台市のせんだいメディアテークで開催されたこのサイエンスカフェは「震災はココロとカラダをどう変えた? ~回復のためにできること~」と題され、多くの市民が集まりました。 精[...]
2012.12.03
アメリカ肝臓学会で、ToMMoクリニカル・フェローの嘉数英二医師の演題が優秀ポスターに選ばれました。
2012年11月9-13日にアメリカ・ボストンで開催されたアメリカ肝臓学会第63回年会で、ToMMoクリニカル・フェローの嘉数英二医師(公立南三陸診療所)の非アルコール性脂肪性肝炎の演題 “The influence of pioglitazone on the plasma amino acids pro[...]
2012.11.30
Markus Pasterk氏(COO, iPRI, France)の講演会を行いました。
11月27日、International Prevention Research Instituteの最高執行責任者・バイスプレジデントのMarkus Pastreck氏をお招きし、講演会を行いました。 講演は、バイオバンクの歴史から始まり、バイオバンクの特徴や利点について概説された後、氏が携わっているヨーロッパ各国で[...]
2012.11.27
経済産業省川上大臣官房審議官が当機構を訪問しました。
2012年11月21日、経済産業省川上景一大臣官房審議官(産業技術・環境担当)が、東北大学東北メディカル・メガバンク機構を訪問しました。 当機構メンバーからは、震災後に東北メディカル・メガバンク事業の提案に至った背景や、個別化医療・個別化予防に必須であるバイオバンクの重要性が世界的に意識されており各国で構築中である事を[...]
2012.11.15
ゲノム・メディカルリサーチコーディネーター(GMRC)の養成教育を開始します。
当機構は2012年11月19日よりゲノム・メディカルリサーチコーディネーター(GMRC)の養成教育を開始します。GMRCとは近年登場した医療系職種で、ゲノム医療の知識を持ち、研究について市民へ説明し理解を得た上で研究協力の検討へとつなぐプロフェッショナルです。 当機構が2013年春より行う長期健康調査事業では、調査の協[...]