お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
成果
プレスリリース
イベント
2021.04.20

山本雅之機構長、荻島創一教授らが執筆した実験医学増刊号『日本人の疾患と健康のためのバイオバンクとデータベース活用法 試料と情報の的確な探し方と使い方』が発刊されました

荻島創一教授、長神風二特任教授が編集し、山本雅之機構長をはじめ多数のToMMoメンバーが執筆した実験医学増刊号『日本人の疾患と健康のための公共データベースとバイオバンク』が4月20日に羊土社より発刊されました。ぜひご覧ください。

長神風二特任教授、荻島創一教授

 

書籍情報

実験医学増刊 Vol.39 No.7
日本人の疾患と健康のためのバイオバンクとデータベース活用法 試料と情報の的確な探し方と使い方
編集/後藤雄一(国立国際医療研究センター中央バイオバンク / 国立精神・神経医療研究センターメディカル・ゲノムセンター)、村上善則(東京大学医科学研究所人癌病因遺伝子分野)、高木利久(富山国際大学 / 科学技術振興機構バイオサイエンスデータベースセンター)、荻島創一(東北大学高等研究機構未来型医療創成センター / 東北大学東北メディカル・メガバンク機構)、長神風二(東北大学東北メディカル・メガバンク機構)
出版/羊土社
発行/2021年04月20日
B5判 191ページ ISBN 978-4-7581-0394-7

ToMMoの教員の執筆【目次より】

序 (荻島創一、長神風二)
第1章 1. 国内外のバイオバンクとバイオバンク・ネットワーク(荻島創一)
第1章 3. 東北メディカル・メガバンクの構築と運営(熊田和貴、山本雅之)
第2章 2. バイオバンク/データベース利用における審査(長神風二)
第2章 3. バイオバンク横断検索(永家 聖)
第3章 2. 日本人多層オミックス参照パネル(jMorp)(小柴生造)
第4章 1. ゲノムコホート研究におけるビッグデータの取り扱い(木下賢吾)
第4章 3. 機械学習ベースの遺伝統計学による疾患発症リスク予測(成田 暁、田宮 元)
第6章 1. バイオバンクにおける成果発信とコミュニケーション(長神風二)

関連リンク

実験医学online(羊土社)