東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2020.01.30

MCIマーカーに関する特許出願について

当機構の中村 智洋准教授らが貢献した発明において軽度認知障害(以下、「MCI」)マーカーに関する特許共同出願契約の締結を行いました。契約は、本学及び弘前大学、ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社によるものです。

中村 智洋准教授、勝岡 史城教授、三枝 大輔講師は、2018年より2年間、弘前大学と東北大学の共同による、COI(Center of Innovation)若手連携研究に採択され、MCIの早期発見を目指したゲノム・多層オミックス情報を活用したバイオマーカー検索の研究課題に従事してきました。この度、その成果をもとに、認知症の前駆段階であるMCIをスクリーニングすることや、MCIの状態をモニタリングすることにより、認知症発症前の早い段階から効果的な予防および認知症の超早期診断法の確立を目指した発明に対して、特許出願に至りました。

詳細はこちら: 軽度認知障害バイオマーカーに関する 特許共同出願契約締結のお知らせ ~弘前大学・東北大学・HMT が連携して社会実装を目指す~(ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社 News Letter)

関連リンク

東北大学、HMT㈱、弘前大学の3者間において、特許共同出願契約を締結しました。(COI東北拠点ウェブサイトより)

【プレスリリース】弘前大学、HMT㈱、東北大学の3者間において、特許共同出願契約を締結しました。(弘前大学COI研究推進機構ウェブサイトより)

ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2020.02.26| 【中止】東北大学災害復興新生研究機構シンポジウム「~震災を超えて~未来の医療に向けた個別化医療に挑む」開催のお知らせ(3/10) 2020.02.26| 第30回日本疫学会奨励賞を受賞しました 2020.02.26| 第30回日本疫学会学術総会にブース出展しました(2/21~22) 2020.02.26| INGEM&ToMMoセミナーシリーズ第6回を開催しました 2020.02.21| 【開催延期】第32回製薬協 政策セミナー「患者の為のイノベーションのあり方 ~健康寿命の延伸を見据えた創薬イノベーションの貢献~」に山本機構長が登壇いたします(3/16)

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.