東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2019.03.05

妊婦の病気の予兆を示すライフログや体内物質の変動パターンが明らかに~妊娠期間中に発症する病気の予防や早期発見に道筋~【プレスリリース】

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と国立大学法人東北大学東北メディカル・メガバンク機構(以下、ToMMo)は、妊娠期間中に発症する病気の予防・早期発見方法の確立をめざして共同研究(以下、本共同研究)を実施し、妊婦の病気の予兆を示すライフログ体内物質の変動パターンを明らかにしました。

4年4か月にわたって実施した本共同研究では、ドコモがこれまで培ったビッグデータ解析技術および機械学習などのAI(人工知能)技術と、ToMMoのゲノム情報等解析技術および生命情報科学技術を組み合わせたデータ解析を進めることで、次のことが明らかとなりました。

1. 妊婦の病気の予兆を示す血圧や体重増加量、睡眠の質、活動量などのライフログや、血液中や尿中に含まれる特定の体内物質の変動パターンを見出し、病気を発症しなかった妊婦と発症した妊婦との間で、その変動パターンが大きく異なることを確認しました。本成果は、ライフログや体内物質の変動から病気の発症予兆や発症リスクをAIでとらえることで、発症リスクが高い妊婦への生活習慣の改善提案や、産科医などによる早期診療に活用することができ、病気の発症を未然に防ぐ個別化予防・医療の実現に繋がると期待されます。
2. 分娩日が近づくにつれて、血液中や尿中に含まれる特定の代謝物濃度に特徴的な変動があることが分かりました。本成果は、AIによって実際の分娩日を予測することに活用でき、妊婦やご家族が出産に向けた計画を立てやすくなります。また、医療機関においても、分娩受け入れ態勢を事前に整えることができ、より安心・安全な出産への貢献が期待されます。
3. 妊婦の特定の遺伝子に変異があると、産まれてくるお子さんの出生体重が低くなることが分かりました。本成果は、低出生体重児が産まれる遺伝的なリスクを把握し、産科医などによる早期診療に活用することで、低体重での出産を未然に防ぐ個別化予防・医療に繋がると期待されます。

本共同研究は2019年3月31日(日)で終了となりますが、ToMMoは、本共同研究で培ったノウハウやデータを幅広く社会に発信すると共に、個別化予防・医療の実現のための基盤開発および解析をさらに進めていきます。
また、ドコモは、パートナーとともに新たな価値を協創する「+d」の取り組みの一環として、本共同研究成果のさらなる検証と実用化に取り組むことで、ひとりでも多くの妊婦が病気を経験することなく安心して出産を迎えることができる社会の実現をめざします。

プレスリリース本文

関連リンク

妊婦の病気の予防に向けた研究参加者の募集が完了 ~世界最大規模のライフログデータと生体データの統合解析を開始~【プレスリリース】

マタニティログ調査を開始しました

マタニティログ推進室

三世代コホート

三世代コホート調査

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2019.03.20| 地域住民コホート室 技術補佐員(産休代替) 募集(3/27締切) 2019.03.20| 地域住民コホート室 事務補佐員 募集(3/27締切) 2019.03.20| 個別化予防・疫学分野 教員 募集(5/14締切) 2019.03.19| AMED-GA4GH GEM Japan ワークショップのシンポジウムをToMMoで開催しました 2019.03.18| 妊婦に対する抗てんかん薬処方についての啓発と改善を – リスクを考慮した薬剤・用量選択が必要 – 【プレスリリース】

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.