東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2017.10.27

日本人ゲノム解析ツール「ジャポニカアレイ®v2」を用いたゲノム解析サービスが開始されました

ゲノム解析で有効な一塩基多型を増強した「ジャポニカアレイ®v2」を用いたサービスを、株式会社東芝が開始しました。

ジャポニカアレイ®は、東北大学東北メディカル・メガバンク機構が構築した「全ゲノムリファレンスパネル」を基にした日本人向けのゲノム解析ツールであり、COI東北拠点により開発されました。日本人に特徴的な塩基配列を持つ約67.5万箇所のSNPを1枚のチップに搭載することにより、短時間での遺伝子多型解析を実現します。また、その解析結果から約30億塩基の全ゲノム構造を疑似的に再構成できる設計となっています。「ジャポニカアレイ®v2」はCOI東北拠点によりバージョンアップされたものであり、ジャポニカアレイ®の特徴である全ゲノムインピュテーションの性能を引き続き兼ね備えています。

詳細(株式会社東芝 2017年10月27日お知らせ)

関連リンク

Journal of Human Genetics誌に掲載された「ジャポニカアレイ®」についての成果がメディアで紹介されました
日本人に最適化されたSNPアレイ「ジャポニカアレイ®」を設計〜約66万個のSNP情報を搭載した個別化予防・医療研究を加速する解析ツール〜【プレスリリース】
長﨑研究室
日本人ゲノム解析ツール「ジャポニカアレイ®」を用いたゲノム解析サービスを開始
日本初の量子暗号通信システムの実証試験に協力します 
ToMMoの研究成果が、COI東北拠点による日本人ゲノム解析ツール「ジャポニカアレイ」に活用されました

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2019.09.17| ジャポニカアレイ®NEOを開発 ~より広くさまざまな人々にゲノム解析が適用可能に~【プレスリリース】 2019.09.13| 「赤十字健康まつり2019」に参加します(9/28) 2019.09.13| 食事調査の調査協力者募集について「一般成人を対象とした食物摂取頻度調査票および24時間思い出しWeb食事調査の妥当性・再現性の検証」 2019.09.13| 第92回日本生化学会大会に出展します(9月18日(水)~20日(金)) 2019.09.12| デンマーク大使館主催のセミナーに参加しました

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.