東北メディカル・メガバンク機構

地域支援大崎センター

  • ToMMoとは?
  • 組織・メンバー
  • 地域支援大崎センター
  • oosaki東北大学では、地域医療に貢献しさらに次世代医療を築いて東日本大震災の復興に取り組むことを目的として、東北メディカル・メガバンク機構を設置しました。
    機構では、被災地を中心とした宮城県の地域医療再建と健康支援に取り組みながら、健康調査や遺伝情報の研究を基に一人ひとりの体質に合った医療の実現を目指します。
    地域支援大崎センターは東北メディカル・メガバンク機構の健康調査と支援の拠点です。健康調査の結果を基に、必要な健康支援をいたします。

    担当地域 大崎市、栗原市、登米市、加美町、色麻町、涌谷町、美里町
    開所日 2013年11月6日
    センター長 鈴木吉也教授(広報・企画部門 遺伝情報伝達分野)
    副センター長 北谷和之講師(地域医療支援部門 母児医科学分野)
    石黒真美助教(予防医学・疫学部門 分子疫学分野)
    小山史穂子助教(地域医療支援部門 地域口腔健康科学分野)
    スタッフ数 15名(2017年4月現在)
    スタッフ職種詳細 医師、GMRC、看護師、事務員(2017年4月現在)

    アクセス

    〒989-6165 大崎市古川十日町3-28
    電話番号 0229-87-5982
    JR古川駅より徒歩15分、タクシーで5分
    宮城交通バス停七日町より徒歩3分

    img-map07-1502

    GoogleMapはこちら

    関連リンク

    地域支援センター

    東北メディカル・メガバンク機構

    お知らせ
    2017.05.29| シーナカリンウィロート大学医学部の皆様が来訪されました 2017.05.25| 災害交通医療情報学寄附研究部門 技術補佐員 募集(7/28締切) 2017.05.25| 地域住民コホート室 技術補佐員 募集(6/9締切) 2017.05.23| 自分で測り自分で創る健康社会へ ‐一人ひとりの日常生活のモニタリングと健康データの関連の解明を目指した5,000人規模の共同研究を開始‐【プレスリリース】 2017.05.23| NGS現場の会 第五回研究会 参加者の皆様が来訪されました

    Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.