東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2019.08.08

6万7千人分の生体試料・情報の分譲を開始 ‐食事などの生活情報から検査値まで幅広い情報を網羅‐【プレスリリース】

発表のポイント

・ 東北メディカル・メガバンク計画は、長期健康調査によって得られた約6万7千人分の生体試料・情報の分譲を開始します。今回新たに分譲対象となるのは、当計画の地域住民コホート調査に特定健診共同参加型で参加された方全員のベースライン調査の生体試料とデータであり、これまでで最大のデータセットになります。
・ 分譲対象の試料はDNA・血漿・血清・尿、情報は調査票情報・血液と尿の検査情報・特定健診情報です。特に調査票情報は、食事、喫煙、飲酒、こころの健康など多岐にわたります。
・ 約6万7千人分もの幅広い情報を多くの研究者が利用できるようになり、個別化予防等、次世代医療の実現の加速が期待されます。

内容

東北メディカル・メガバンク計画は、地域住民コホートのベースライン調査のうち、2013年から2015年にかけて主に特定健康診査会場にて調査にご協力いただいた方々の試料(DNA、血漿、血清、尿)・調査票情報・検体(血液・尿)検査情報・特定健康診査情報の分譲を開始します。被災の程度などの参加者の特性・生活習慣・検査情報の分析を可能にします。
今回新たに分譲対象とするのは約6万7千人分のデータであり、喫煙・飲酒・身体活動等の基本情報に加え、こころの健康、睡眠、被災の影響、特定健康診査項目、血液・尿のデータが含まれています。多様かつ精度の高い分析が可能になることから、被災地における健康課題の抽出と対応策の検討、そして一人ひとりの体質に合わせた予防法の検討に活用いただけると考えています。
この情報は国内の疫学研究としても最大規模であり、これらの大規模データを広く活用いただくことは我が国の疫学研究の発展に貢献すると考えています。
新規に分譲する項目として、食事に関する頻度情報があります。この情報により、食事摂取頻度と検査データの関連を調べることが可能になります。
この約6万7千人分の大規模なデータは、所定の手続きの後、統合データベースdbTMMを通してさまざまな条件で検索してデータを閲覧することができます。また、分譲申請を経たうえで、分譲された試料や情報を用いた解析研究を行うことができます。分譲する試料・情報は個人の特定ができないよう匿名化されています。なお、調査で得られた試料・情報は、匿名化したうえで他研究機関に分譲可能なようインフォームド・コンセントを取得しております。

プレスリリース詳細(PDF)

今回新たに分譲対象となったもの

時期 分譲対象
2019年8月
分譲開始
地域住民コホート 特定健診共同参加型の対象者のベースライン調査の試料(DNA、血漿、血清、尿)及び情報
基本情報(年齢・性別)
健康調査情報(検体検査情報、調査票(生活・食)情報、特定健康診査情報)
※ただし、自由記載の項目は除外する
※ゲノム配列情報は今後追加予定
約6.7万人

各変数の統計量は、統合データベースdbTMMカタログで閲覧いただけます。
各変数のデータは、統合データベースdbTMMで閲覧いただけます。

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2019.08.22| 当計画の全体像を記した論文がJMA Journal誌に掲載されました 2019.08.20| 鎌田光明東北厚生局長らがToMMoを来訪されました 2019.08.20| Ewan Birney 先生(EMBL-EBI所長, GA4GH Executive Committee Chair)によるセミナーを開催いたします(8/22) 2019.08.20| コホート調査で重要な役割を担うToMMo GMRC教育に係る論文がBMC Medical Education誌に掲載されました 2019.08.19| 嗅覚と遺伝子多型、嗅覚と脳画像・認知機能に関するアドオンコホートを開始【プレスリリース】

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.