東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2019.06.13

東北メディカル・メガバンク計画におけるバイオバンクの構築と試料の管理に関する論文がThe Tohoku Journal of Experimental Medicine誌に掲載されました

この度、東北メディカル・メガバンク計画におけるバイオバンクの設立論文が The Tohoku Journal of Experimental Medicine誌に掲載されました。

当バイオバンクでは、東北メディカル・メガバンク計画のコホート調査参加者15万人の血液、尿、母乳、唾液等の検体をお預かりしております。本論文ではこれら検体の登録から、分注・試料調整と冷凍保管、遺伝子解析のためのDNA抽出、不死化細胞の樹立などの過程について、管理の流れを詳述しています。当バイオバンクでは、人為的ミスを防ぐために、これらの過程をバーコードを使ったコンピューターシステムにより管理し、多くの工程をロボットを用いて自動化しております。また、国際標準化機構(ISO)の品質マネジメントシステム(ISO 9001)、ならびに情報セキュリティマネジメントシステム(ISO 27001)の認証を取得し、国際的にみても高い試料の品質と厳格な管理体制を維持しております。

東北メディカル・メガバンク計画のバイオバンクは、日本における最大規模の住民コホート型バイオバンクであり、保有する試料・情報は、様々な研究への利活用を通じ日本の次世代医療の発展に役立つものと期待されます。

なお、The Tohoku Journal of Experimental Medicine誌は、1920年 (大正9年) 、東北帝国大学医学部により創刊された国際的な英文総合医学雑誌です。本論文は、創刊100周年特集号に掲載されました。

書誌情報

タイトル:Biobank Establishment and Sample Management in the Tohoku Medical Megabank Project.
著者名:Minegishi N, Nishijima I, Nobukuni T, Kudo H, Ishida N, Terakawa T, Kumada K, Yamashita R, Katsuoka F, Ogishima S, Suzuki K, Sasaki M, Satoh M, Tohoku Medical Megabank Project Study Group, Yamamoto M.
掲載誌:Tohoku J Exp Med. 2019;248(1):45-55.
doi:10.1620/tjem.248.45.

関連リンク

日本初、バイオバンクでISO 27001の認証を取得【プレスリリース】

紹介VTR:コホート調査の試料と情報、生体試料のバンキング(YouTube)

研究者の方々へ > バイオバンク・コホート調査情報

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2019.11.15| 先端研究基盤共用促進事業 第三回 核磁気共鳴(NMR)装置利用講習会のご案内(12/19,20) 2019.11.15| 網羅的メタボローム解析手法を用いて肝細胞がんの発症や浸潤に関連する新たなバイオマーカー候補分子を同定:国際学術誌Rapid Communications in Mass Spectrometry誌に掲載 2019.11.15| 日本人類遺伝学会第64回大会にブース出展しました 2019.11.15| 第三回東北メディカル・メガバンク事業(宮城)地域協議会を開催しました 2019.11.14| 個別化予防・疫学分野 教員 募集(1/15締切)

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.