東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2019.05.24

長期健康調査の詳細調査のデータをもとにした論文が発表されました

県内7か所に設置している 地域支援センター では、さまざまな詳細検査を行っています。(検査内容については こちら をご覧ください)

このたび、この詳細な検査(詳細調査)の結果を活用した論文が初めて発表されました。

詳細調査では、強制オシレーション法(以下FOT; forced oscillation technique)による呼吸機能検査を実施しています。 FOTは、閉塞性肺疾患を中心に臨床研究が行われ、喘息診療の場で普及が進んでいます。今回発表した論文では、地域住民コホート調査における16,231人(男性4,886人、女性11,345人)のFOT測定データの分布を明らかにし、性別、体格、喫煙歴および喘息に関連するバイオマーカーとの関連を認めました。これらはFOTデータの標準的な解釈に非常に有用なものであり、またFOT研究としてはこれまでで最大規模であることから、今後のFOT研究全般における貴重な指標となると考えられます。

【掲載論文】

Respiratory resistance among adults in a population-based cohort study in Northern Japan
Respiratory Investigation
Emiri Miura, NahoTsuchiya,  Yu Igarashi, Ritsuko Arakawa, Etsuhiro Nikkuni, Tokiwa Tamai, Masao Tabata, Shinya Ohkouchi, Toshiya Irokawa, Hiromasa Ogawa, TakakoTakai-Igarashi, Yoichi Suzuki, Shinichi Kuriyama, Gen Tamiya, Atsushi Hozawa, Masayuki Yamamoto, Hajime Kurosawa
Available online 13 February 2019.
DOI:https://doi.org/10.1016/j.resinv.2018.12.008

関連リンク

東北メディカル・メガバンク機構

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.