東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2018.11.12

先端研究基盤共用促進事業 第二回 核磁気共鳴(NMR)装置利用講習会(12/6,7)

東北メディカル・メガバンク機構には3台の核磁気共鳴(NMR)装置(ブルカー・バイオスピン社製)があり、共用機器として大学内外の研究者が利用しています。また先端研究基盤共用促進事業のもと当機構の研究基盤の共用化を進めてきました。このたび、昨年度に引き続きNMR装置の利用講習会を開催させて頂きます。

第二回目となる今回は、簡単な初期講習に加えて中級講習を新たに行います。具体的には、昨年度に引き続き初期講習(溶液NMR測定の基本となる一次元NMRスペクトルの測定方法)と、中級講習(タンパク質等の測定に有用な多核多次元NMR測定の方法)を行います。日程は12月6日 (木)(午前:初期講習、午後:中級講習)と7日 (金)(終日:中級講習)の2日間となりますので、ご興味のある研究者の方は事務局までメールでご連絡頂けますと幸いです。また大学院生の参加も受けつけます(指導教員の許可を受けたうえ、誓約書に記載をお願いすることになります)。

なお、初期講習のみ、もしくは中級講習のみの参加も受け付けます。また、実験室の都合により定員は各6名(超過の場合は当機構で選考)とさせて頂きます。

詳細

「先端研究基盤共用促進事業 第二回 核磁気共鳴装置利用講習会」
機器:600MHz NMR装置 (Bruker AVANCE600, Bruker-BioSpin)
日時:(初期講習)12月6日 (木) 9:00~13:00
   (中級講習)12月6日(木)14:00~17:00、7日(金)9:00~16:00
場所:東北メディカル・メガバンク機構・3階334室

問合せ先

東北メディカル・メガバンク機構・先端機器共用促進事業 事務局
Email:kyoyo*megabank.tohoku.ac.jp(*を@に変えて下さい)

関連リンク

オミックス解析室設備案内

東北大学テクニカルサポートセンター

研究者の方々へ:各種サービス(設備利用・解析支援など)

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2019.05.22| 「研究における個人の遺伝情報の結果返却 検討および留意すべき事項と今後の議論・検討に向けた課題に関する提言」の公開 2019.05.22| 「脳と心の健康調査」のデータ分譲開始 2019.05.22| 東北経済産業局長 相樂希美様らがToMMoを来訪されました 2019.05.21| キリンホールディングス株式会社小林憲明取締役常務執行役員らが来訪されました 2019.05.16| 長期健康調査ウェブサイトを公開しました

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.