東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2018.01.09

「産後うつ」研究向け妊婦用スマートテキスタイルの開発【プレスリリース】

東北大学 東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)予防医学・疫学部門災害精神医学分野の富田博秋教授(メンタルヘルスケア推進室長、本務:災害科学国際研究所)のグループと、ユニオンツール株式会社、東洋紡株式会社は共同で、「産後うつ」の研究向けに、新たな妊婦用のスマートテキスタイルを開発しました。

【新しいスマートテキスタイルの概要】
日常生活における心拍などのバイタル情報の取得のためには電極を装着する必要がありますが、従来使用されていた体に貼り付けるタイプの電極ではべたつき感があるなど、日常生活での装着感に問題がありました。
ToMMoの富田博秋教授のグループと、ユニオンツール㈱、東洋紡㈱は共同で、ユニオンツール㈱の「myBeat」ウェアラブル心拍センサと東洋紡㈱のフィルム状導電素材「COCOMI®」を使い、バイタル情報を取得できるスマートテキスタイルを新たに開発しました。開発にあたっては妊婦の意見も取り入れ、着用しても圧迫感が小さく、着脱しやすいデザインにし、自然な装着感と測定精度を両立するスマートテキスタイルを設計しました。本研究では「COCOMI®」が心臓から発生する微弱な電気信号を体表面でとらえて、「myBeat」ウェアラブル心拍センサが、その信号を外部に発信することなく、心拍情報として機器内に記録する仕組みをとっています。

【本スマートテキスタイルを用いた取り組み】
「産後うつ」や周産期のストレスに自身や周囲の人が気付いて早めに対応することは、難しいものです。心拍測定に基づいた自律神経系計測は、ストレスやうつ状態の客観的評価の一助となる有効な手段と期待されます。東北大学では、産後うつや周産期のストレスを客観的に評価する技術の開発を行うことで、「産後うつ」の早期発見や発症・予後の予測に繋げることを目指します。

プレスリリース本文(PDF)

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2019.11.15| 先端研究基盤共用促進事業 第三回 核磁気共鳴(NMR)装置利用講習会のご案内(12/19,20) 2019.11.15| 網羅的メタボローム解析手法を用いて肝細胞がんの発症や浸潤に関連する新たなバイオマーカー候補分子を同定:国際学術誌Rapid Communications in Mass Spectrometry誌に掲載 2019.11.15| 日本人類遺伝学会第64回大会にブース出展しました 2019.11.15| 第三回東北メディカル・メガバンク事業(宮城)地域協議会を開催しました 2019.11.14| 個別化予防・疫学分野 教員 募集(1/15締切)

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.