東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2017.06.22

妊婦の医薬品・サプリメント使用実態についての論文がPharmacy誌に掲載されました

東北メディカル・メガバンク機構の 小原拓准教授 らの妊婦の医薬品・サプリメント使用実態についての論文が Pharmacy誌 に掲載されました。

この論文は、環境省「環境と子どもの健康に関する全国調査(エコチル調査)」に参加した日本全国の約10万人の妊婦を対象とし、妊婦における薬使用の実態を調査した結果、妊娠前・妊娠中の半数以上が医薬品・サプリメントを使用していることを明らかとしたものです。
今後、妊娠中の医薬品・サプリメント使用が新生児にもたらす影響について、研究が進むことが期待されます。

なお、この研究の成果は東北大学大学院医学系研究科よりプレスリリースとして発表されています。
[プレスリリース]妊婦の医薬品・サプリメント使用実態を調査

【掲載論文】
Drug Use before and during Pregnancy in Japan: The Japan Environment and Children’s Study
「日本人妊婦の医薬品・サプリメント使用:エコチル調査」
著者:Hidekazu Nishigori, Taku Obara, Toshie Nishigori, Hirohito Metoki, Mami Ishikuro, Satoshi Mizuno, Kasumi Sakurai, Nozomi Tatsuta, Ichiko Nishijima, Ikuma Fujiwara, Takahiro Arima, Kunihiko Nakai, Nariyasu Mano, Shinichi Kuriyama, Nobuo Yaegashi and Japan Environment & Children’s Study Group
Published: 10 April 2017
doi: 10.3390/pharmacy5020021

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2019.09.13| 「赤十字健康まつり2019」に参加します(9/28) 2019.09.13| 食事調査の調査協力者募集について「一般成人を対象とした食物摂取頻度調査票および24時間思い出しWeb食事調査の妥当性・再現性の検証」 2019.09.13| 第92回日本生化学会大会に出展します(9月18日(水)~20日(金)) 2019.09.12| デンマーク大使館主催のセミナーに参加しました 2019.09.02| ゲノム・オミックス解析情報の公開データベース jMorpの収載データを大幅拡充 ~メタボローム解析データを1万5千人に拡大し縦断解析データも格納、 全ゲノム解析データが4千7百人に~【プレスリリース】

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.