東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2013.09.03

気仙沼市立本吉公民館でBLSO(産科救急の教育プログラム)を開催しました。

2013年8月10日、東北大学東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)は、産科救急に携わる医療関係者に向けた教育プログラムであるBLSO( Basic Life Support in Obstetrics)を、宮城県気仙沼市立本吉公民館で開催しました。

当日は気仙沼市や南三陸町から救急救命士や保健師、助産師、看護師、医師等が集まり、周産期救急に効果的に対応するためのプログラムを履修しました。元プロボクサーでプライマリ・ケア医である、ToMMoクリニカル・フェローの川島実医師(気仙沼市立本吉病院院長)も参加しています。

気仙沼市本吉地区や南三陸町ではお産のための施設がなく、妊婦への救急対応ができる医療人の必要性が意識されていることから、ToMMoは今回のBLSOを開催しました。なお本実施は、災害時のお産に対処できる人材を育てるという災害医療対策の一面も持ちます。

ToMMoは今後もBLSOを開催し、お産に関わる可能性のある医療人の技能向上の機会を提供する予定です。また、このような教育コースを通じて、地域で活躍する医療関係者とのネットワークを醸成し、ToMMo事業全体のさらなる推進に貢献することが重要であると考えています。

BLSOの共催は気仙沼市立病院とNPO法人周生期医療支援機構(OPPIC)、後援は米日カウンシル(US-Japan Council) TOMODACHIイニシアチブでした。


ToMMoクリニカル・フェローの川島実医師。

関連リンク

気仙沼市立本吉公民館で開催したBLSOがNHKで取り上げられました
被災地でのアンケート調査で明らかになってきた産後うつなどの実態
石巻におけるALSOとBLSOの開催-災害から妊婦を守る教育プログラムの実施- 【プレスリリース】
石巻赤十字病院でALSOとBLSO(産科救急の教育プログラム)を開催しました。
石巻におけるALSOとBLSOの開催が各メディアで紹介されました。
気仙沼市立病院
NPO法人周生期医療支援機構(OPPIC)
TOMODACHIイニシアチブ
 

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.05.25| 災害交通医療情報学寄附研究部門 技術補佐員 募集(7/28締切) 2017.05.25| 地域住民コホート室 技術補佐員 募集(6/9締切) 2017.05.23| 自分で測り自分で創る健康社会へ ‐一人ひとりの日常生活のモニタリングと健康データの関連の解明を目指した5,000人規模の共同研究を開始‐【プレスリリース】 2017.05.23| NGS現場の会 第五回研究会 参加者の皆様が来訪されました 2017.05.22| 東北大学大学院医学系研究科大学院説明会の開催のお知らせ(東京5/27、仙台6/10)

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.