東北メディカル・メガバンク機構

被災地でのアンケート調査

  • ToMMoとは?
  • 主な成果のご紹介
  • 被災地でのアンケート調査
  • 被災地でのアンケート調査で明らかになってきた産後うつなどの実態

    地域医療支援部門の菅原準一教授を中心とする研究グループは、宮城県の津波被災地に住所を置く、震災前後に出産された方々を対象にアンケート調査を行いました。その結果、産後うつが津波被災地で多い実情が明らかになりました。この調査の概要と、2012年2月に東北メディカル・メガバンク機構の教授に着任した抱負をあわせて、インタビューで伺いました。

    東北メディカル・メガバンク機構

    お知らせ
    2019.11.14| 個別化予防・疫学分野 教員 募集(1/15締切) 2019.11.14| ToMMo-Stanford大学シンポジウムが開催されました 2019.11.13| 経済産業省産業技術環境局より飯田祐二局長が来訪されました 2019.11.11| 子どもの発達に関する健康調査(予備的調査)を実施いたします 2019.11.11| 山本機構長の講演を基にした書籍『変容する世界ーゲノムバンク・ダークマター・ベーシックインカム』が発行されました

    Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.