東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2017.10.18

国立長寿医療研究センターとToMMoが共同研究契約を締結~超高齢社会における健康寿命の延伸に向けた研究を、バイオバンク間連携で~【プレスリリース】

国立大学法人東北大学 東北メディカル・メガバンク機構(以下、東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo))と国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター(以下、国立長寿医療研究センター(NCGG))は、共同研究を実施する契約を平成29年8月21日に締結し、共同研究を開始しました。一般住民(健常者主体)対象と疾病対象のバイオバンク間の包括的な連携は我が国でも先進的な事例です。
本連携により、NCGGバイオバンクが保有する認知症等の老年病を中心とした患者由来の検体と東北メディカル・メガバンク計画(TMM計画)の一般住民由来の検体を統合解析するなどし、直面する超高齢社会における健康寿命の延伸に向けた研究に取り組みます。
ToMMoが運用するバイオバンクと、NCGGメディカルゲノムセンター・バイオバンク(NCGGバイオバンク)が一翼を成すナショナルセンターバイオバンクネットワーク(NCBN)は日本の3大バイオバンクのうちの2つであり、今回、両機関の連携を皮切りに、今後のオールジャパンでゲノム医療等を支援する体制構築につなげていきます。

【背景】
NCGGは、心と体の自立を促進し健康長寿社会構築に貢献する目的で平成22年4月1日に設立されました。
ToMMoは、東日本大震災後の復興事業として平成23年度から始められたTMM計画を推進するために設立され、岩手医科大学と共に宮城県・岩手県で総計15万人以上の参加者のコホート調査を実施しバイオバンクを構築しました。
本共同研究は、それぞれのバイオバンクの特徴を活かして協力することで、今後の我が国の最重要課題である超高齢社会への対応において、健康寿命の延伸に資する研究を行うことを目的としています。また、共同研究を通じて、大規模なバイオバンクを運用するなどの専門性を有する人材の交流等を行い高度な専門人材育成にも取り組んでいきます。
また、NCGGのバイオバンクは、ほかに5機関が参画するナショナルセンターバイオバンクネットワーク(NCBN)の一翼を成しており、今回の連携が、今後NCBNとToMMoの運用するバイオバンクの連携へとさらなる発展も期待されています。

ToMMoの運用するバイオバンク

一般成人コホート研究
宮城県及び岩手県で実施した大規模ゲノムコホート調査による約15万人分の試料・情報(地域住民コホート約8万人、三世代コホート約7万人)

NCGGバイオバンク

疾患コホート研究
高齢期に発症する認知症や運動器疾患など疾患コホートの生体試料と診療情報及び住民コホートの試料・情報(約2万人分)

プレスリリース詳細(PDF)

左から山本雅之機構長、国立長寿医療研究センターの鳥羽研二理事長

関連リンク

国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター

東北メディカル・メガバンク機構

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.