東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2017.09.06

第5回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(10月10日)

ToMMoゲノムプラットフォーム連携センターの主催による、第5回ゲノム・オミックス連携推進セミナーを、下記の通り開催致します。
オープンなセミナーですので、学外、学生の方々を含め、ご興味のある方はどなたでもご参加頂けます。

詳細

日時: 10月10日(火)16:30~18:00
場所: 東北メディカル・メガバンク棟 3階 大会議室
講師: 吉田 優 先生 (神戸大学大学院医学研究科・病因病態解析学分野長・准教授)
演題: メタボロミクスによる早期大腸がんスクリーニングシステムの開発

 

セミナー要旨

メタボロームとは、生体試料(体液、組織、細胞等)に含まれる低分子代謝物(分子量1,000 以下)群です。これらの代謝物を網羅的に定性・定量解析するメタボローム解析(メタボロミクス)は,ポストゲノム科学の一分野として生まれたオーム科学のひとつです。特に近年では、質量分析計を用いた解析技術が進展し、ライフサイエンス分野では欠かせない研究手法の一つとなりつつあります。医学研究をはじめとしたさまざまな分野においてもその重要性が認識され始め、特にバイオマーカーの候補の検索に有用とされています。その理由として、様々な病態において、病気に関連する細胞・組織内において酵素タンパク質による代謝の変動が起こり、その疾患特有の代謝物のパターン(メタボロームプロファイル)へと変化し、それが血液・尿中にも反映することが予想されるからです。これまで私達は、さまざまなメタボロミクスシステムを確立し、消化器がんを中心にバイオマーカー探索を行ってきました。疾患特異的に変動する代謝物を組み合わせることで、疾患予測式を作成し、早期疾患診断システムの開発に取り組んでいます。本講演では、メタボロミクスの医学研究への応用、特に早期大腸がんスクリーニングシステムの開発について、私たちの研究成果をご紹介させていただきます。

連絡先:芳賀 contact*gpc.megabank.tohoku.ac.jp(*を@に変えて下さい)

ポスター

関連リンク

第4回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(6月19日)
第3回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(5月26日)
第2回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(2月23日)
第1回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(1月20日)

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.09.19| 「配偶者のがん既往が心理的苦痛に与える影響」についての論文がTohoku Journal of Experimental Medicine誌 に掲載されました 2017.09.14| 山本機構長らのグループが、腎組織の炎症を抑制することによる新規腎臓病治療薬を開発 2017.09.13| 東北・みやぎ復興マラソン2017に特別協力します 2017.09.12| 地域住民コホート室 看護師・准看護師等 募集(10/13締切) 2017.09.12| 第15回東北遺伝医学セミナー開催のお知らせ(10月4日)

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.