東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2015.11.16

「慢性疾患治療と無職リスクの関連」についての論文がOccupational Medicine誌に掲載されました

東北大学東北メディカル・メガバンク機構予防医学・疫学部門の 中谷直樹准教授 は、同部門の 中村智洋助教 及び 土屋菜歩助教 辻一郎部門長寳澤篤教授富田博秋教授 と共同で、「慢性疾患治療と無職リスクの関連」についての論文を発表しました。この成果は Occupational Medicine に11月13日付でオンライン公開されました。

■研究内容
先行研究において、慢性疾患治療者の無職リスクが高いことが報告されていますが、被災地においても同様の関連が示されました。さらに、この関連は健康状態が良い者(生活活動が活発で心理的苦痛が無い者)では示されず、健康状態が悪い者(生活活動が不活発で心理的苦痛がある者)では顕著に示されました。
今後、慢性疾患治療者の無職リスクを低減するためには、生活活動状態を高め、心理的苦痛を改善することが有効である可能性が示唆されました。

【論文名】
Unemployment risk among individuals undergoing medical treatment for chronic diseases

【論文題目邦訳】
慢性疾患治療と無職リスクの関連

関連リンク

原著論文(Occupational Medicine)

Occupational Medicine

東北メディカル・メガバンク機構 予防医学・疫学部門 個別化予防・疫学分野 寳澤研究室

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.05.25| 災害交通医療情報学寄附研究部門 技術補佐員 募集(7/28締切) 2017.05.25| 地域住民コホート室 技術補佐員 募集(6/9締切) 2017.05.23| 自分で測り自分で創る健康社会へ ‐一人ひとりの日常生活のモニタリングと健康データの関連の解明を目指した5,000人規模の共同研究を開始‐【プレスリリース】 2017.05.23| NGS現場の会 第五回研究会 参加者の皆様が来訪されました 2017.05.22| 東北大学大学院医学系研究科大学院説明会の開催のお知らせ(東京5/27、仙台6/10)

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.