お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
成果
プレスリリース
イベント
2022.04.01

試料・情報分譲料金の改定、分譲可能な試料の種類を拡大

試料・情報分譲によるバイオバンク生体試料のより一層の利用促進を図るため、2022年4月以降、新たに単核球細胞および母乳を分譲対象とすることといたします。更に下記の通り分譲にかかる費用を改定いたします。また、アカデミアと民間企業の区別を無くし統一価格といたします。

詳しくはバイオバンク試料・情報関連ウェブサイトの「費用について」をご覧下さい。

改定する試料・情報分譲料金(2022年4月~)

  単価(旧) 単価(新)
母乳 4,000円
単核球 16,000円
EBV不死化細胞 18,000円 12,000円
増殖T細胞 15,000円 9,000円

※すべて1サンプルあたり