東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2019.08.29

地域こども長期健康調査をもとにインフルエンザワクチンの有効性について解析した論文が発表されました

宮城県内の小中学生を対象にした地域こども長期健康調査のうち、2012-13シーズンと2014-15シーズンに実施した調査結果をもとに、三価不活化インフルエンザワクチンの有効性について解析した論文が Human Vaccines & Immunotherapeutics に掲載されました。

この研究では、各シーズン終了時に、インフルエンザワクチンの接種回数とインフルエンザ罹患の有無を、質問票を用いて調査しました。研究結果からは、1回以上接種した児は、未接種の児と比べて、インフルエンザの発症割合が低かったことがわかりました。(2012–13シーズン:15% vs 19%、オッズ比 0.77 [95%信頼区間 0.65–0.92];2014–15シーズン:24% vs 26%、オッズ比 0.88 [95%信頼区間 0.75–1.02])
年齢に応じた必要回数を接種した児と、必要回数を接種しなかった児を比べても、同様の結果でした。(2012–13シーズン:15% vs 19%、オッズ比 0.75 [95%信頼区間 0.62–0.89];2014–15シーズン:23% vs 26%、オッズ比 0.86 [95%信頼区間 0.74–1.00])

書誌情報

タイトル:Effectiveness of Seasonal Inactivated Influenza Vaccination in Japanese Schoolchildren: An Epidemiologic Study at the Community Level
著者名:Yasutaka Kuniyoshi, Taku Obara, Mami Ishikuro, Hiroko Matsubara, Masato Nagai, Keiko Murakami, Aoi Noda, Masahiro Kikuya, Shigeo Kure & Shinichi Kuriyama
掲載誌:Human Vaccines & Immunotherapeutics
Accepted author version posted online: 19 Aug 2019
DOI: 10.1080/21645515.2019.1655833

 

関連リンク

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2019.11.15| 先端研究基盤共用促進事業 第三回 核磁気共鳴(NMR)装置利用講習会のご案内(12/19,20) 2019.11.15| 網羅的メタボローム解析手法を用いて肝細胞がんの発症や浸潤に関連する新たなバイオマーカー候補分子を同定:国際学術誌Rapid Communications in Mass Spectrometry誌に掲載 2019.11.15| 日本人類遺伝学会第64回大会にブース出展しました 2019.11.15| 第三回東北メディカル・メガバンク事業(宮城)地域協議会を開催しました 2019.11.14| 個別化予防・疫学分野 教員 募集(1/15締切)

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.