東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2019.08.19

嗅覚と遺伝子多型、嗅覚と脳画像・認知機能に関するアドオンコホートを開始【プレスリリース】

発表のポイント

・ 嗅覚テストと遺伝子多型及び嗅覚と脳画像・認知機能に関するアドオンコホートを開始します。
・ 2020年3月までに総計2,000人のご協力を得て、嗅覚と遺伝子、嗅覚と認知機能・脳画像の関連について解析します。

内容

東北大学東北メディカル・メガバンク機構は株式会社豊田中央研究所との共同研究で、嗅覚テストと遺伝子多型及び嗅覚と脳画像・認知機能に関するアドオンコホートを開始します。
本研究の対象は、当機構が実施している「脳と心の健康調査」(MRI撮像等を行う調査)に既に参加されている方々のうち、本研究に対する協力に同意してくださった方で、2019年8月から2020年3月までに、総計2,000人のご協力を得たいと考えています。
嗅覚をはじめとする感覚特性には個人差があることが知られていましたが、当機構の日本人全ゲノムリファレンスパネルを用いた株式会社豊田中央研究所との共同研究により、日本人特有の嗅覚受容体遺伝子多型を特定し、細胞レベルの実験で遺伝子多型の反応性に違いがあることを明らかにしてきました。そこで実際に嗅覚と遺伝子多型にも関連があるかにつき評価をすることを計画しました。また、嗅覚と認知機能・脳画像の関連も報告されつつあり、嗅覚検査の結果と脳画像所見・認知機能テストの結果も併せて解析する予定です。
本研究では、嗅覚に関する情報を、参加者の方に所要約10~15分程度の嗅覚テストを受けていただくことで収集します。参加者の方々は、既に東北メディカル・メガバンク計画のコホート調査に参加されており、また、「脳と心の健康調査」にも参加されていることから、嗅覚テストの結果は、すでに協力いただいている遺伝子情報・認知機能情報・脳画像情報などと併せて解析される予定です。

嗅覚テスト機器

プレスリリース詳細(PDF)

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2019.11.15| 先端研究基盤共用促進事業 第三回 核磁気共鳴(NMR)装置利用講習会のご案内(12/19,20) 2019.11.15| 網羅的メタボローム解析手法を用いて肝細胞がんの発症や浸潤に関連する新たなバイオマーカー候補分子を同定:国際学術誌Rapid Communications in Mass Spectrometry誌に掲載 2019.11.15| 日本人類遺伝学会第64回大会にブース出展しました 2019.11.15| 第三回東北メディカル・メガバンク事業(宮城)地域協議会を開催しました 2019.11.14| 個別化予防・疫学分野 教員 募集(1/15締切)

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.