東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2018.04.13

ToMMoが協力した東北大学病院などによる体外診断用医薬品開発が成功し製造販売承認を得ました

東北メディカル・メガバンク機構が協力した多施設型臨床研究「炎症性腸疾患患者におけるチオプリン関連副作用とNUDT15遺伝子多型との相関性に関する多施設共同研究(MENDEL Study)」で取り組んだ体外診断用医薬品開発が成功し、平成30年4月6日に製造販売承認が取得されました。

このプロジェクトでは、全国の炎症性腸疾患の患者さんから提供された約3千検体のDNAが用いられています。ToMMoではこれらの検体を管理するバイオバンクの役割を担うと共に、ToMMoが構築した3,554人の日本人の全ゲノムリファレンスパネルも活用されています。

チオプリン製剤の重篤な副作用の予測に有用であるNUDT15 Arg139Cys遺伝子多型を検出する世界初の体外診断用医薬品(MEBRIGHT NUDT15 キット)の開発に成功

今後は、ToMMo で構築をおこなった3,554人の日本人の全ゲノムリファレンスパネルを活用することでより詳細なハプロタイプ(染色体上のSNPのつながり)ごとの副作用などについても検討を進めていく予定です。

関連リンク

日本人3,554人分の全ゲノムリファレンスパネルを作成 ‐日本人を対象とするゲノム医療に大きく貢献‐【プレスリリース】

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2019.05.22| 「研究における個人の遺伝情報の結果返却 検討および留意すべき事項と今後の議論・検討に向けた課題に関する提言」の公開 2019.05.22| 「脳と心の健康調査」のデータ分譲開始 2019.05.22| 東北経済産業局長 相樂希美様らがToMMoを来訪されました 2019.05.21| キリンホールディングス株式会社小林憲明取締役常務執行役員らが来訪されました 2019.05.16| 長期健康調査ウェブサイトを公開しました

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.