東北メディカル・メガバンク機構

脳と心の健康調査に関するQ&A

  • ToMMoとは?
  • Q&A
  • 脳と心の健康調査に関するQ&A
  • 脳と心の健康調査ではどんなことをするのですか?

    脳と心の健康調査ではどんなことを行いますか?
    皆さまの脳のMRIを撮像します。併せて、皆さまの脳の働きや心の状態を調べる検査を事前にアンケートの形で郵送し、また当日にも対面で行います。被験者様の状況や医学的理由によって、一部の検査を行わない場合があります。
    脳と心の健康調査を受けることでどのような利益がありますか?

    医師が脳MRIの画像を確認して、何か病気などの兆候が認められ、お知らせすることがご本人の健康上の利益になると判断されれば速やかにお知らせするとともに、医療機関の受診をお勧めするなどいたします。ただし、診断専用の撮影方法ではないため、病気の種類によっては、病院での通常のMRI検査より診断精度が劣る場合があります。
    また、検査データを用いた自動解析を行い、脳体積(脳年齢)を判定してお返しいたします。ただし、脳体積(脳年齢)は、疾病の診断目的の判定ではないことをご了承ください。なお、個別の認知心理検査の結果はお返ししておりません。

    MRI検査結果のお知らせサンプル

    脳と心の健康調査を受けることでどのような不利益がありますか?
    非常に強い磁場の中でMRI撮像するので、体内金属がある方は調査を受けられません。金属の持ち込みがけがなどの原因になる可能性があり、厳密な確認を何度も行います。また、撮像中の騒音、閉所による撮像に対し、まれに不快を感じる可能性があります。
    脳と心の健康調査は脳ドックの代わりになりますか?
    脳ドックで行うすべての検査を行うわけではありません。脳ドックや病院で行う「診断専用の」MRI撮影方法ではないため、病気の種類によっては、病院での通常のMRI検査より診断精度が劣る場合があります。

    脳と心の健康調査を受けたいんですけれど・・・

    東北メディカル・メガバンク事業の調査で『脳と心の健康調査』を受けたいのですが、どうすればいいですか?

    東北メディカル・メガバンク事業のコホート調査にご参加いただいたみなさまに、『脳と心の健康調査』のご案内を行っております。申し込み資料をご希望の方は、東北メディカル・メガバンク機構MRI推進室までご連絡ください。

    なお、これまでに『脳と心の健康調査』にご参加いただいている方は対象外となりますのでご了承ください。

    『脳と心の健康調査』の申し込みから調査を受けるまでどのような手続きが必要ですか?

    『脳と心の健康調査』への参加を希望される場合は、はがきによるお申し込みをお願いしております。

    1.申込はがきの入手方法は、
    最寄りの地域支援センターで『申し込み資料を希望する』旨をお伝えいただくか、東北メディカル・メガバンク機構MRI推進室までご連絡ください。『脳と心の健康調査 申し込みのご案内』を郵送いたします。
    2.お手元に届きましたら、同封資料をよくお読みの上、安全基準1,2,3をご確認ください。
    3.調査を希望される場合は、同封の返信はがきに必要事項を記載して返信してください。
    4.東北メディカル・メガバンク機構MRI推進室よりご連絡いたします。電話にて安全基準の再確認を行った上で予約手続きを行います。

    <注意事項>
    ・これまでに『脳と心の健康調査』にご参加いただいている方は対象外となりますのでご了承ください。
    ・電話にて安全確認ができない場合は、恐れ入りますが、調査が受けられないこともございますので、予めご了承ください。また、手術や処置を受けたことのある方は診断書による安全確認を行う場合がございます。
    ・これまでご案内しておりました安全基準が変更となりました。安全基準の詳細は脳と心の健康調査のお知らせ-MRI検査参加基準を変更いたしました-をご確認ください。以前の基準ではご参加いただけなかった皆さまにおかれましては、ぜひ今一度ご参加をご検討ください。
    ・おかげさまで多数の方にお申込いただいております。お申込みの返信はがき到着後、ご連絡差し上げるまでにお時間を頂戴しておりますことをご了承ください。

    脳と心の健康調査は誰でも受けることができますか?も合わせてご覧ください。

    脳と心の健康調査を受けるのにはどのくらいの時間がかかりますか?
    MRIの撮影にはおおよそ1時間程度、脳の働きや心の状態を調べる検査が1時間半程度、ご自宅で行っていただくアンケートが1時間程度、他にもお待ちいただく時間や各検査の説明の時間も含めますと、おおよそ4時間半程度のお時間をいただきます。
    ※曜日や受付時間、当日の予約状況により異なります。
    脳と心の健康調査は希望する日にちや時間に受けられますか?
    皆さまのご予定をお聞きしたうえで調査の予約を入れますので、可能な限り皆さまのご予定を考慮して入れます。ただし、必ずしもご希望にかなわない場合もありますので、ご了承ください。
    脳と心の健康調査は休日でも受けられますか?
    現在のところ平日および土曜日の受付となっております。申し訳ございませんが日曜・祝日の検査はお受けしておりません。

    実施時間
    午前の部:調査開始8時00分~
    午後の部:調査開始13時00分~

    自家用車を利用して脳と心の健康調査を受けにいってもいいですか?
    脳と心の健康調査用の駐車場はございませんので、近隣の有料駐車場に駐車していただくか、可能な限り公共交通機関でお越しください。なお、有料駐車場に駐車した場合の駐車料金はご自身でご負担をお願いします。
    地域支援仙台センター アクセス
    脳と心の健康調査はどこで受けられますか?
    仙台市青葉区、東北大学の星陵キャンパス内地域支援仙台センターです。
    地図はこちら

    申し込みから調査までどのくらいの期間がかかりますか?

    おかげさまで多数の方にお申込いただいており、お申込みの返信はがき到着後、ご連絡差し上げるまでにお時間を頂戴しております。大変申し訳ございません。
    ご希望の曜日にもよりますが、お申込から調査を受けるまで約半年ほどの期間を要することもございます。ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

    脳と心の健康調査は誰でも受けることができますか?

    いいえ。東北メディカル・東北メディカル・メガバンク事業のコホート調査にご参加いただいた方で、成人(20歳以上)の方に限ります。また、心臓ペースメーカー、埋込み式除細動器、脳動脈クリップ、神経刺激装置などの体内金属がある方、刺青のある方は脳と心の健康調査が受けられません。また、開頭、開胸、開腹、骨折の整復などの手術により体内に金属や異物が入っている可能性のある方は、脳と心の健康調査が受けられないことがあります。具体的には、これら体内金属や異物が『MRI検査上問題ない』ことが、脳と心の健康調査の際に確認できない場合は、現場の判断で脳と心の健康調査を行わないことがありますのでご了承ください。
    また妊娠の可能性のある方、閉所恐怖症または暗所恐怖症の方も脳と心の健康調査を控えていただきます。

    費用について

    脳と心の健康調査に費用は掛かりますか?

    本事業で実施される脳と心の健康調査に必要な費用を、皆さまにご負担を求めることはありません。
    ただし、手術歴(開腹、開胸、開頭、骨折の整復術など)がある場合は、『体内、体表に金属や異物が存在しないこと』、異物が『MRI検査上問題ない』ことを証明する診断書の提出をお願いする場合があります。
    なお、診断書作成費用は各自でのご負担をお願いしております。

    仙台までの交通費の補助はありますか?
    交通費をお渡しすることはございません。
    脳と心の健康調査を受けることで追加の謝金はもらえますか?
    脳と心の健康調査を受けることによる追加の謝金をお渡しすることはございません。

    その他

    MRIで被曝することはありますか?
    CT検査などと異なり、MRIは放射線を使いませんので、被曝することはありません。
    MRIで造影剤は使いますか?

    造影剤は使いません。

    MRI検査の日に、薬や食事、水分をとってかまいませんか?

    薬はいつも通りご使用下さい(飲み薬は、水と一緒に服用して下さい)。水分はいつも通り普通におとりください。当日がMRI検査のみで、採血がございませんでしたら食事を普段通りにお召し上がりください。当日に採血がある場合、血液のデータは、当日の朝食や昼食を控えますと、精度があがりますが、無理をせず可能な範囲でお願いいたします。ただし糖尿病の方は、採血をする場合もいつも通りの食事と治療(内服、インスリン)をして下さい。

    東北メディカル・メガバンク機構

    Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.