東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2014.04.28

セミナー「尿と腎臓のプロテオミクス」のご案内(5/7)

新潟大学 山本格教授による尿と腎臓のプロテオミクス解析、バイオマーカー探索に関するセミナーを下記の通り開催いたします。

山本格教授は、尿と腎臓のプロテオミクス研究の第一人者で、 ヒトプロテオーム機構 (HUPO) が主催する、 ヒト腎臓・尿プロテオームプロジェクト の代表も務めておられます。

【日時】 2014年5月7日(水)午後3時〜4時
【場所】 東北メディカル・メガバンク機構2階会議室1
【演者】 新潟大学大学院医歯学総合研究科 附属腎研究施設 施設長
     山本格教授
【演題】 「なんでも尿検査」や腎生検試料の病態解析を可能にする最新プロテオミクス
【講演要旨】プロテオミクスは生命や病気の分子機構の解明に大きく貢献すると期待されている科学である。プロテオミクスによるプロテオームの解析は質量分析装置による手法と抗体による手法が主に行われている。前者は網羅的なタンパク質の同定、定量、後者はタンパク質の位置情報の取得を可能とし、それらを総合的に解析するバイオインフォマティクスは生命や病気の分子機構の全貌を鳥観できると考えられている。本講演では、尿や腎臓組織を対象としたプロテオミクスで、質量分析計による網羅的タンパク質の非標識定量法による尿バイオマーカーの探索や腎臓病の病態解析、抗体によるそれらの検証研究を紹介したい。

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.05.25| 災害交通医療情報学寄附研究部門 技術補佐員 募集(7/28締切) 2017.05.25| 地域住民コホート室 技術補佐員 募集(6/9締切) 2017.05.23| 自分で測り自分で創る健康社会へ ‐一人ひとりの日常生活のモニタリングと健康データの関連の解明を目指した5,000人規模の共同研究を開始‐【プレスリリース】 2017.05.23| NGS現場の会 第五回研究会 参加者の皆様が来訪されました 2017.05.22| 東北大学大学院医学系研究科大学院説明会の開催のお知らせ(東京5/27、仙台6/10)

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.