東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2013.03.08

第25回インシリコ・メガバンク研究会開催のお知らせ(3月15日)

第25回インシリコ・メガバンク研究会を下記のとおり行いますのでご案内いたします。今回はミュンスター大学のマカロウスキー先生を講師としてお迎えし、「脊椎動物のグロビンの進化」について講演していただきます。

日時:平成25年3月15日(金) 17:00‐18:30
場所:東北メディカル・メガバンク機構2階会議室1 

演題:Natural history of vertebrate globins
講師:Prof. Wojciech Makalowski ( Institute of Bioinformatics, University of Muenster)

概要: Globins are small heme proteins that bind various external ligands, such as oxygen or nitric oxide, and they are found in all kingdoms of life. Vertebrate genomes harbor seven different globin types, including prominent hemoglobin (Hb) and myoglobin (Mb). Tetrameric Hb is present in erythrocytes and transports oxygen via blood to the inner tissues. The monomeric, muscle-specific myoglobin, on the other hand, stores oxygen, enhances the oxygen diffusion to the muscle cells and detoxifies nitric oxide. Five recent additions to vertebrate globin repertoire are cytoglobin (Cygb), neuroglobin (Ngb), globin X (GbX), globin E (GbE) and globin Y (GbY). It has been suggested that the GbE and Mb genes, as well as the GbY and proto-Hb genes, are the paralogous products of tandem gene duplications that occurred early in the evolution of vertebrates. In contrast, Ngb and GbX derive from independent duplication events that occurred before the split of Deuterostomia and Protostomia. To date little is known regarding the functions of the novel globin proteins. I will focus on our recent evolutionary studies of Ngb and GbX in which we demonstrated ancestry of these two globins reaching dating back to origins of metazoans. 

世話人:山口由美、長﨑正朗  

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.01.24| 鈴木研究室 技術補佐員 募集(2/24締切) 2017.01.20| 2KJPNを使用した論文が発表されています 2017.01.20| 第81回インシリコ・メガバンク研究会開催のお知らせ(2月2日) 2017.01.19| 遺伝的体質に基づく 新しい「脳梗塞発症リスク予測法」を開発 ~脳梗塞の予防に貢献可能~【プレスリリース】 2017.01.18| 本日(1/18)結成が発表された「アンチ・ドーピング研究推進のためのコンソーシアム」にToMMoは大きく貢献します

Copyright(C) Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.