東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2017.08.28

2万3千人分の生体試料・情報の分譲を開始 ‐ゲノム解析情報から健康調査情報までの統合的情報を全国の研究者へ‐【プレスリリース】

東北メディカル・メガバンク計画は、SNPアレイ等で解析し遺伝型決定が行われた約2.3万人分の生体試料・情報の分譲を開始します。本対象は平成25年度に開始された当計画のコホート調査の初年度に参加した成人を網羅したものです。なお、当計画では本年2月から1万人規模の地域住民のDNA、血漿、血清、健康調査情報及びSNPアレイ情報(一塩基多型の個人毎遺伝型)の分譲を行っていますが、今回はその規模を人数で2倍以上、データ規模で約30倍に拡大したものです。

今回の分譲対象拡大により、東北メディカル・メガバンク計画は、我が国において類例のない、大規模なコホート調査におけるゲノム情報と生活習慣等の情報の提供を開始します。これにより、当計画が目指す、個別化予防等の次世代医療の実現へ向けて、これまで難しかった遺伝要因と環境要因が複雑に絡み合って起こる疾病の原因解明などの研究の飛躍的な進展が期待されます。

この度、分譲の対象となる約2.3万人の情報は、ジャポニカアレイ®などのSNPアレイによって解析され、更にインピュテーション技術によって全ゲノム復元された情報又は全ゲノム情報が含まれており、データの規模は現在の約30倍になります。これらの情報は、全員分について、コホート調査によって得られた血液・尿検査情報や、アンケートの調査票由来の罹患歴、生活習慣情報などの健康調査情報と紐づけられています。膨大なデータは、当計画において開発された統合データベース「dbTMM」に格納され、任意の条件でのデータの抽出や相関関係の解析が可能となります。更に、未知の相関関係を検出する機械学習などの技術開発に向けた情報基盤としての活用も期待されます。

プレスリリース本文

関連リンク

1万人分のSNPアレイ情報の分譲を開始 ‐生体試料および健康調査情報等が分譲へ‐【プレスリリース】

統合データベースdbTMMカタログ

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.09.19| 「配偶者のがん既往が心理的苦痛に与える影響」についての論文がTohoku Journal of Experimental Medicine誌 に掲載されました 2017.09.14| 山本機構長らのグループが、腎組織の炎症を抑制することによる新規腎臓病治療薬を開発 2017.09.13| 東北・みやぎ復興マラソン2017に特別協力します 2017.09.12| 地域住民コホート室 看護師・准看護師等 募集(10/13締切) 2017.09.12| 第15回東北遺伝医学セミナー開催のお知らせ(10月4日)

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.