東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2017.01.18

本日(1/18)結成が発表された「アンチ・ドーピング研究推進のためのコンソーシアム」にToMMoは大きく貢献します

本日(2017/1/18)東北大学・筑波大学・東京大学・日本医科大学の4大学は、アンチ・ドーピング研究のためのコンソーシアムを結成し、様々な分野(自然科学領域・社会科学領域)において相互に緊密な連携を図り、関連研究を推進することで合意いたしました。東京で行われた結成記念式典には、鈴木大地スポーツ庁長官ら各界の方々が参列する中、里見進 東北大学総長はじめ4大学の学長が共同声明文を発表しました。

スポーツにおけるドーピングの撲滅に向けて、教育・啓発活動、研究開発活動及び国際連携活動等の様々な取組みが世界的に進められています。
しかしながら、近年はドーピングの巧妙化が進んでおり、最先端の医学研究の成果や微量分析等の技術を活用した効果的かつ効率的なドーピング検出手法、そしてアスリートへの精神的・身体的負荷が少ないドーピング検査の開発が求められています。

このコンソーシアムでは、我が国において世界の範となるアンチ・ドーピング研究体制の構築を目指していきます。

東北大学 東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)は、質量分析(MS)装置、核磁気共鳴(NMR)装置の両方を備え、血液中成分の解析実績は国内のみならず、世界でもトップクラスです。

また、解析結果を 日本人多層オミックス参照パネル(jMorp)  としてデーターベース化し、1,000人を超える人々のデータを公開するなどしています。

更に、アスリートの持久力を向上させ検出が難しいことが知られる血液ドーピングについても、特にエリスロポエチンの研究において 山本雅之 機構長の研究室を中心に世界をリードする成果が得られています。

東北メディカル・メガバンク計画で得られた、これらの経験・知見は本コンソーシアムに大いに貢献できるものと期待されています。

ToMMo は、ラグビーワールドカップ2019、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会等の世界的に注目を集める大規模国際競技大会をドーピングのないクリーンな大会とするために「アンチ・ドーピング研究推進のためのコンソーシアム」に協力して参ります。

大学間連携によるアンチ・ドーピング研究の推進について(共同声明)

ID19126_photo2

質問に答える里見進総長

ID19126_photo3

握手を交わす4大学の学長

ID19126_photo5

式典で挨拶する鈴木大地スポーツ庁長官

ID19126_photo6

山本雅之ToMMo機構長も講演しました

関連リンク

日本人多層オミックス参照パネル公開 ~日本人集団の血漿のメタボローム&プロテオーム解析が完了~ 【プレスリリース】

日本人多層オミックス参照パネル(jMorp)を拡張 -メタボロームの解析人数が1,008人に。項目間相関情報・ペプチド情報を追加-【プレスリリース】

日本人多層オミックス参照パネル(jMorp)

エリスロポエチン産生不全による腎性貧血動物モデルを樹立 -腎臓におけるエリスロポエチン遺伝子転写制御機構の解明- 【プレスリリース】

コホート調査がオリンピックに貢献?! ~網羅的化合物分析の応用~(読み物コンテンツ「未知のなかば」より)

大学間連携によるアンチ・ドーピング研究推進のためのコンソーシアムの結成について(東北大学ウェブサイト)

大学間連携によるアンチ・ドーピング研究推進のためのコンソーシアムを結成(東京大学ウェブサイト)

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.10.23| 三枝大輔講師らの執筆記事が日本質量分析学会の学会誌に掲載されました 2017.10.23| 第16回倫理・法令・社会連続セミナー(講師:及川正範先生(東京大学))を開催しました(9月4日) 2017.10.23| 卵巣明細胞癌に生じるゲノム異常に関する論文が掲載されました 2017.10.23| 山本雅之機構長・荻島創一准教授らが執筆した実験医学増刊号『ヒト疾患のデータベースとバイオバンク』が発行されました 2017.10.20| 熊本こころのケアセンター・熊本県精神保健福祉センターの皆さまがToMMoを来訪されました

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.