東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2016.07.29

子ども向け遺伝教育ツールを配り始めました

7月29日、ToMMoは地域支援仙台センターにおいて、「子ども向け遺伝教育ツール」を子ども連れの来所者の方々に配り始めました。本ツールは、ゲノム医学普及啓発寄附研究部門によって、遊びながら「遺伝」「多様性」が学べるように制作され、2015年夏から当機構の地域支援センターや医療機関や当機構主催のイベントに来られた子どもさんと保護者の方々に配布しております。今年度は新テーマのツールを準備し、夏休み期間中に3箇所の地域支援センター(仙台、大崎、岩沼)で配布を開始し、好評であれば配布場所を拡げていく予定です。本日が新テーマ配布の初日となりました。

子ども向けツールの構成は、遺伝に関する図柄を記載した左右の絵の違いをさがす「ちがいさがし」で、付録として遺伝に関する図柄について説明した解説書もつけています。子どもが「ちがいさがし」で遊んだ後に、保護者が解説書を読み聞かせて頂くなど、親子で本ツールを活用して頂けることによって、幅広い世代層の方々の遺伝リテラシー向上に効果を示すと考えております。

本ツールを開発したゲノム医学普及啓発寄附研究部門では、住民個々人の遺伝子・ゲノムに関するリテラシー向上のために、小児期から成人期を対象にさまざまなツールの開発を行っています。

なお、本ツールの配布は、ToMMoの倫理委員会で承認された研究「遺伝の仕組みと生物の多様性を学ぶための幼児を対象とした遺伝子育ツールの開発」に基づいて行われています。

ID16865_20160729仙台センターにて

ID16865_DSC_3152

 

関連リンク

人材育成部門

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.05.25| 災害交通医療情報学寄附研究部門 技術補佐員 募集(7/28締切) 2017.05.25| 地域住民コホート室 技術補佐員 募集(6/9締切) 2017.05.23| 自分で測り自分で創る健康社会へ ‐一人ひとりの日常生活のモニタリングと健康データの関連の解明を目指した5,000人規模の共同研究を開始‐【プレスリリース】 2017.05.23| NGS現場の会 第五回研究会 参加者の皆様が来訪されました 2017.05.22| 東北大学大学院医学系研究科大学院説明会の開催のお知らせ(東京5/27、仙台6/10)

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.