GWASセンター

ToMMoでは、これまで日本人のSNP情報を効率的に解析できるSNPアレイ(ジャポニカアレイ®)を開発し、アップデートを重ねてきました。このジャポニカアレイ®を用いて、東北メディカル・メガバンク計画のコホート調査参加者15万人分のゲノム解析を進めており、大規模なゲノム解析が可能な体制、そしてノウハウを整備しています。ToMMoが蓄積してきたこれらの研究基盤の利活用を通じて、我が国のゲノム医療を推進することを目的に、機構内組織としてGWASセンターを設置いたしました。
GWASセンターでは解析結果の公開と共有を前提に、全国から共同研究を受け付け、ToMMoのリソースを用いて、ジャポニカアレイ®NEOによるSNPアレイデータの取得や高性能な遺伝子型インピュテーション、さらにGWAS解析までをワンストップで実施します。詳細は下記窓口にお問い合わせください。

 

田宮 元 教授 センター長
櫻井 美佳 准教授 副センター長

GWASセンター受付窓口:info*gwas.megabank.tohoku.ac.jp(*を@に変えて下さい)

 

関連リンク

GWASセンターを新たに設置~高品質なゲノムワイド関連解析結果を全国の研究者に提供~【プレスリリース】