GWAS解析

コントロールデータや解析設備・人材が整ったGWASセンターにおいて、共同研究者が保有するDNA試料やSNPアレイデータをもとに、高品質なゲノムデータの産生、及びGWAS解析を実施しています。得られた解析結果は、共同研究先と共有するとともに、原則としてGWASセンターに蓄積し、日本全国の多くの研究者が利用可能となるよう整備します。

共同研究の流れ

GWASセンターにおける共同研究の実施を希望される場合、以下のような流れで行います。詳細は、GWASセンター受付窓口:info*gwas.megabank.tohoku.ac.jp(*を@に変えて下さい)へお問い合わせください。 

1. 事前コンサルティング
お持ちの試料・データや目的等をお伺いし、最適な実施内容や費用等について打合せを実施、共同研究計画を立案します。実施内容は大きく分けて以下となります。
(1) ジャポニカアレイ®によるジェノタイピング
(2) クオリティコントロール(QC)解析・遺伝子型インピュテーション
(3) GWAS解析
※ (2)(3)で対象とするSNPアレイ解析情報は、ジャポニカアレイ®と標準的なイルミナ社製SNPチップによるものです。
※ すでにSNPアレイデータをお持ちの場合には(2)(3)の実施、GWAS解析が不要な場合には(1)(2)の実施等、目的に合わせて柔軟に対応いたします。
 ↓
2. 各種手続き
倫理審査申請、共同研究契約締結、費用の支払い等の手続きを行います。
 ↓
3. 共同研究の実施
試料・データを送付いただき、研究計画に沿って解析を進め、得られた結果を報告書とともに返却します。事後コンサルティングとして、結果の詳細な説明を受けることも可能です。
 ↓
4. 共同研究の終了
研究成果の取扱いについて協議し、覚書を締結します。解析結果はGWASセンターに蓄積されます。

GWASセンターによる解析サービス紹介リーフレット

GWASセンターに関するお知らせ

2021.12.09 国際コンソーシアムGLGC(Global Lipids Genetics Consortium)との共同研究の成果がNature誌に掲載されました。多民族集団を対象とした血中脂質の大規模メタGWAS解析を中心とした研究で、民族的多様性がもたらす効果を明らかにしています。当センターからポリジェニックリスクスコア(PRS)計算とその予測性能評価の実施で貢献しています。詳細

2021.10.01 ゲノム情報に基づく疾患の精密分類(大阪大学大学院医学系研究科とGWASセンターなどとの国際共同研究)に関する論文がNature Geneticsに掲載されました。 詳細

2021.09.09 イルミナ社製DNAマイクロアレイGWAS情報解析サービスを開始しました。 詳細

2021.02.24 医学系研究科眼科学分野とGWASセンターとの共同研究、IGGC (International Glaucoma Genetics Consortium)による緑内障メタGWASの論文がNature Communicationsに掲載されました。詳細