東北メディカル・メガバンク機構

さんぽ未知

さんぽ未知

第2回 何で男女を区別していますか?

男性でもピンクの服を着たり女性でもネクタイをしたり、いまや見た目で性別を区別するのはかなり困難。「いやいや、男性には女性は持っていないY染色体というものがあってね。」おやおや、どこかでうんちくが始まったようです。そう、そのとおり。たとえ見た目に区別がつかなくとも、Y染色体が代表するように、男女には生まれつきの違い、つまり遺伝子の違いがあります。

ちょっと待った!オスメスの違いが生まれつきかというと、そうとも限りません。たとえばクマノミ。テレビでもよく見かける、イソギンチャクに住む人気者の魚です。このクマノミ、集団の中で一番大きい個体がメス、二番目に大きい個体がオスでこの2匹がペアとなります。そしてメスが死ぬと、なんと夫だったオスがメスに性転換するのです。

え?Y染色体がXに変わっちゃうの? いいえ、そんなことはありません。クマノミは、哺乳類のY染色体にあるような性決定遺伝子は持たないといわれています。Y染色体イコール“オス”という印象があるかもしれませんが、生物の中にはY染色体を持たないもの(でもオスメスの区別はある)、Y染色体を持っているがオスメスの決定とは関わらないもの、など色々な種があります。進化の歴史の中でY染色体は徐々に小さくなっている傾向にあり、最後には消えてなくなる、という説まであります。

Y染色体の行く末やいかに?男女の区別はますます困難に?

さんぽ未知 記事一覧

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2019.06.20| 特許庁より岩崎晋審査第三部部長らが来訪されました 2019.06.19| ゲノム解析部門(オミックス解析室) 技術補佐員 募集(7/19締切) 2019.06.19| 広報戦略室 学術研究員 募集(7/10締切) 2019.06.17| 【scene of gene】「各国ですすむ基準ゲノム構築プロジェクト」を公開 2019.06.13| 東北メディカル・メガバンク計画におけるバイオバンクの構築と試料の管理に関する論文がThe Tohoku Journal of Experimental Medicine誌に掲載されました

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.