東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2018.03.09

宮城県民3万人の口腔内の健康状態【プレスリリース】

‐東北メディカル・メガバンク計画のコホート調査より
94.1%の参加者に口腔内の問題があることが判明‐

東北メディカル・メガバンク計画のコホート調査の一環として、宮城県内7カ所の地域支援センターにて実施された口腔内検査の総計33,037人分について結果をまとめました。
東北メディカル・メガバンク計画におけるコホート調査は、東日本大震災後の被災地域を中心に住民の健康状態を調査し、またバイオバンクを構築し病気に遺伝要因・環境要因がどのように関わっているかを解析し、未来の医学へ貢献することを目的として実施されています。コホート調査では、参加者全員に血液検査やアンケート調査を行っていますが、多くの方々に口腔内検査への協力をお願いしています。口腔内の状態はむし歯や歯周病などそれ自体としても健康上の問題であるのみならず、全身疾患と大きな関係を持つことが近年明らかになってきており注目されていると共に、震災後の劣悪な環境が口腔内の状態悪化に影響している可能性も示唆されてきました。宮城県では東日本大震災の影響を調べる目的で、津波被害が甚大であった一部地域に限って一般住民を対象とした歯科検診が実施されていました。
一方、本調査は、宮城県全域ですべての年齢層の一般住民を対象としており(全宮城県民の1.4%相当が口腔内検査に参加)、震災後に実施された詳細な歯科検診では、初めての大規模な調査となっています。さらに、本調査に参加した一般地域住民は平成29年には3万人を超え、厚生労働省が5年毎に全国規模で実施している歯科疾患実態調査(平成28年度では3,820人)と比べて遥かに上回る規模のものです。 

ポイント

・全体の94.1%にあたる31,087人に、むし歯や歯周病、口腔粘膜の異常などの口腔内の問題が発見された。
・成人全体の35.9%にあたる11,696人に、むし歯が1本以上見つかった。
・成人全体の90.0%にあたる29,348人に、歯周病やその前兆が見つかった。
・毎日歯磨きをする人は、全体で98.5%(男性:96.8%、女性:99.4%)と、調査対象のほぼ全員が毎日歯磨きをしていると答えた。しかし、男性では、毎日歯磨きするもののその頻度は女性の歯磨き頻度に比較して有意に少なかった(p<0.05, χ2-検定)。

今回、口腔内検査を受けた参加者のほとんどに、その口腔内には何らかの疾患疑いが見つかりました。従来、歯科疾患は国民病とも言われ、歯科医院への通院経験を持つ日本国民は96.2%以上に及び、また、常に14.1%の人が歯科医院に通院中であると推定されています。そのため、ひと度、大規模災害が発生し、歯科治療を受けることが困難になると、その影響は甚大となります。今回の宮城県民の口腔内状況を大規模に明らかにした調査結果は他に類を見ず、今後の歯科保健計画あるいは大規模災害対応への基礎資料となると考えています。

プレスリリース詳細(PDF)

関連リンク

地域住民コホート調査

banner02

 

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2018.11.13| ラヂオ気仙沼のラジオ番組『横田真美子のGOOD DAY GOOD DAY』のゲストに濱中洋平地域支援気仙沼センター長らが出演しました 2018.11.13| 特別セミナー「アトピー性皮膚炎研究最前線」を開催しました 2018.11.12| 先端研究基盤共用促進事業 第二回 核磁気共鳴(NMR)装置利用講習会(12/6,7) 2018.11.12| 「いい日・いい汗栄養まつり」に出展しました 2018.11.12| インピュテーションパネルを更新しました

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.