東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2014.12.12

[時間変更] 第51回インシリコ・メガバンク研究会開催のお知らせ(12月12 日)

第51回インシリコ・メガバンク研究会を下記のとおり行いますのでご案内いたします。今回は琉球大学・木村亮介先生を講師としてお迎えし、「ゲノム人類学のすすめ」について講演していただきます。

・日時:平成26年12月12日(金) 17:45‐19:15
・場所:東北メディカル・メガバンク棟 3階小会議室2
・演題: ゲノム人類学のすすめ
・講師:木村 亮介 先生(琉球大学大学院医学研究科)
*本講演は医学系研究科系統講義コース科目の授業として振替可能です。

・概要:ヒトは各々が異なる組み合わせでゲノム変異をもち、容姿や体質など表現型においても多様性が存在する。ヒトの生物学的多様性がどのようにして形成・維持されてきたかを理解するためには、1)ヒトがどのように世界中に拡散し、どのように環境に適応してきたかを知ること、また、2)偶然(中立)の下で生じ得る多様性の大きさを理解することが重要である。現在、我々の研究室では、特に琉球列島の人々に焦点をあてながら、アジア人におけるゲノムおよび表現型の特徴と、その特徴が形成されるに至った背景について研究を進めている。さらに、顔貌などの可視形質について、その遺伝要因を同定することにも取り組んでいる。近年のゲノム解析技術の進歩とヒトゲノム変異の高密度なカタログは、生物医科学研究の戦略を劇的に変革し、研究者は膨大なデータと格闘する必要に迫られるようになった。本研究会では、日進月歩で進む集団ゲノム学の研究手法を概観しつつ、我々の取り組みについても紹介したい。

・世話人:河合洋介、長﨑正朗

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.05.23| 自分で測り自分で創る健康社会へ ‐一人ひとりの日常生活のモニタリングと健康データの関連の解明を目指した5,000人規模の共同研究を開始‐【プレスリリース】 2017.05.23| NGS現場の会 第五回研究会 参加者の皆様が来訪されました 2017.05.22| 東北大学大学院医学系研究科大学院説明会の開催のお知らせ(東京5/27、仙台6/10) 2017.05.22| 第4回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(6月19日) 2017.05.22| Maureen E. Smith先生をお迎えしてセミナーを開催します(5/25)

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.