東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2014.04.29

東日本大震災1年後の脳体積の増加は自尊心と相関 ~脳形態変化の追跡調査から~

地域医療支援部門(加齢医学研究所兼務)の関口敦講師 と加齢医学研究所の研究グループは、震災当時に仙台周辺に在住していた大学生を対象に、震災1年後の脳形態変化の追跡調査を実施しました。震災前/直後~震災1年後にかけて、平均して眼窩前頭皮質の灰白質量が増加し、自尊心の強い人ほど左眼窩前頭皮質の体積増加が大きいこと、平均して右海馬の灰白質量が減少していることを明らかにしました。本成果はPTSDの予防、治療の一助になると期待されます。

詳細は、こちらのウェブサイトをご覧ください。

【問い合わせ先】
東北大学加齢医学研究所 
〒980-8575 仙台市青葉区星陵町4-1
TEL:022-717-7988  FAX:022-717-7988
脳機能開発研究分野 関口 敦 講師
E-mail: fbi@idac.tohoku.ac.jp

news:4044_pressrelease

関連リンク

 Molecular Psychiatry online

 

東北メディカル・メガバンク機構

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.