東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2018.01.26

異分野連携:東北大発のiPhoneアプリ「おなかナビ」を開発 ‐世界初!スマートフォンを用いた過敏性腸症候群の調査研究‐【プレスリリース】

過敏性腸症候群は、ストレス等によって腸の運動が異常となり、腹痛や下痢・便秘を伴う症状が続く疾患です。症状の度合いによっては生活の質(QOL)を著しく損なう場合があります。東北大学大学院医学系研究科の行動医学分野の福土審教授とToMMoの田中由佳里助教らのグループは、木下賢吾副機構長および東北大学情報科学研究科生命情報システム科学分野の加賀谷祐輝大学院生らと共同で、腹痛時の自律神経活動を測定できるiPhoneアプリケーション(アプリ)を開発し、このアプリを用いた過敏性腸症候群の神経活動調査を開始します。本研究は、日常生活中での腹痛症状メカニズムを明らかにすることを目指した初めての研究です。日本全国どこにいても正しい基準に基づいた過敏性腸症候群の可能性がチェックでき、病態解明のための研究に参加できます。

この研究に参加することで、参加者自身で過敏性腸症候群の可能性について調べることができ、腹痛や排便状態、心身のストレス度を記録することができます。さらに、過敏性腸症候群の疑いがある場合、「おなかナビ」の記録を医療機関での受診の際に主治医に見せることで、円滑な診療の手助けとなるとも期待されます。また、「おなかナビ」を通じて収集したアンケート結果や神経活動のデータを利用し、過敏性腸症候群の発症メカニズムの解明をして広く社会に貢献することを目指します。

「おなかナビ」は過敏性腸症候群の測定・記録アプリケーションとしては世界で初めて開発されました。

プレスリリース詳細(PDF)

関連リンク

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2018.07.18| 欧州特許セミナー参加の欧州・ドイツ特許弁理士2名がToMMoを来訪 2018.07.13| 田宮教授が共著の「浮きイネ」の仕組みと起源を解明した論文がScience誌に掲載されました 2018.07.12| 平成30年度 東北大学オープンキャンパスに参加します(7/31-8/1) 2018.07.11| 「金井宇宙飛行士 国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在ミッション報告会」にて山本雅之機構長が登壇します(7/26) 2018.07.10| 西日本で発生している豪雨(平成30年7月豪雨)による被害のお見舞い

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.